PAGE TOP

ステッピングモーターのポイントマシン、試作品を最終形に (その6)

ステッピングモーターを使ったNゲージ用のスローアクションのポイントマシン。
試作品よりちょっぴり省スペースにしたものを作ってみたが、停止位置の検出にマイクロスイッチを使ったので、調整が割とシビアになり、メンテナンス性は悪そう。

やっぱ、元の案でいこう。



ポイントマシン制御基板 レイアウトの台枠は3個。
メインの台枠にはレイアウトの左右にポイントが集中し、左側は8個のポイントがあるので、ここに基盤を一つ。
右側には4個のポイントがあるので、ここに基盤を一つ。
メイン台枠から延長する形の台枠が2個あり、それぞれポイントが3個と2個あるので、基盤も一つずつ。
合計4個の基盤にして作成した。


ポイントマシンの転換の制御はRaspberryPIから関連するマイコンに指示を出すほか、各台枠に取り付けた補助の制御盤からでも押しボタンスイッチで転換できる。

ベース加工中 ポイントマシンの台座は6mm厚のMDF材。

手持ちのステッピングモーターの大きさが2種類あるのと、ポイントを取り付ける場所によってテコを振る方向が変わるので合計4種のベースが必要になる。

加工はモデラMDX-20で。


ステッピングモーターと取り付けるベース が・・でかいモーターはテコを振る方向を1つにまとめられそうだったので、ベースは3種類とした。

ひとまず、3個を作成。

モーターの形状をみてお分かりかと思うが、軸はセンターでなかったり、へんなでっぱりがあったりするので、テコを右に振る場合と左に振る場合で単純にベースを裏返せばよいというものではかなった。


ステッピングモーターと取り付けるベース モーターはアルミのL型のアングルを小さく切ってネジ穴をあけたもので取り付ける。


ステッピングモーターを取り付け 取り付け中。


ステッピングモーターを取り付けモーター取り付け完了。


ベースとベースに埋め込むアルミパイプ モーターにネジを取り付け、そこに四角いナットを可動子としてセット。

モーターが回転すれば可動子が移動する。


アルミのパイプは移動するテコの支点となるネジを差し込むための物。

MDFはやわらかいので、何度もポイントを稼働させてるうちに穴がバカになっても困るので。

アルミのパイプを埋め込む 3mmのアルミパイプに下穴は2.8mm。

バイスで挟み込んで圧入。


スロウバーを動かすネジ ナットの可動子がそのまま動くとベースのMDF材は削れるだけなので、両サイドをアルミのアングルで補強。

位置は少しずらして可動子があたった力がかかる部分だけをカバー。


スロウバーを動かすバーの加工 ポイントのトングレールが取り付けられているスロウバーを動かすテコの加工。

テコの支点とは反対側の作用点の部分にネジを埋め込み、そこに1.2mmの穴をあける。


スロウバーを動かす機構部 ・・ダメじゃん。ネジが斜めになってる。

でも、ひとまず、これでテストじゃ。

ちなみに、ネジの頭に開けた1.2mmの穴に、径が1mm真鍮の小鋲が入る。 この小鋲でスロウバーを動かす。


スロウバーを動かす機構部スロウバーを動かす機構部はこんな感じ。

テコとなる真鍮板の力点部分とナットの可動子はピアノ線で結んである。


ネジの一番遠くに移動したところ 可動子がモーターから一番離れた時の状態。


ネジの一番近くに移動したところ 可動子がモーターの一番近くに来た時の状態。


スロウバーとそれを動かす真鍮釘スロウバーとそれを動かす真鍮の小鋲。

ポイントは今は無きシノハラのポイント。


スロウバーに真鍮釘を差し込んだところ

スロウバーの穴に真鍮の小鋲を差し込んだ時、若干の遊びがでるように小鋲を削った。


真鍮釘を差し込んだところスロウバーに真鍮釘を差し込んだところ。


組み立てたところ 組み立てるとこんな感じに。


ディテクタスイッチとベースにするプラ板 モーターを停止するためのスイッチは小型のディテクタスイッチ。

これを可動子が移動してきて押すとモーターが停止する。

スイッチは位置決めのを容易にするために両面テープを使う。


ディテクタスイッチ自身は幅6mmくらいの小さいものなのでテープはすぐ剥がれてしまうだろうから、大きめのプラ板に一旦取り付け。

ディテクタスイッチとベースにするプラ板 プラ板への取り付けは瞬間接着剤。


完成 モーター、スイッチへの配線は基盤に取り付けてポイントマシンのベース板の後方に。

プラ板へ取り付けたスイッチは実際にポイントマシンを取り付ける時に位置を調整する。


シーサースクロッシングに取り付けたところ ポイントマシンが集中するシーサースクロッシングに取り付けたところ。

狭い場所に4個のポイントマシンが集中する。

このため、テコが振る方向を右にしたり、左にしたりするベースが必要となった訳でした。


ウ~ム、やっぱちょっと大きいなぁ・・ブツブツ

 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト