C62 2のプレートをつける

外装を作るとき参考とするのが、各地にある動態、静態保存機や雑誌類の写真でしょう。 しかし、機関車の形態は同一形式でも個体、年代、所属した機関区によって細部が異なっています。 どこまでこだわるかは作り手の考え方次第です。

» 続きを 読む


煙室内部

機関車型ボイラーの構造は、火室、ボイラー、煙室に分けられます。 運転席前方の火室で燃やされた石炭の燃焼ガスは、ボイラー内の煙管を通る際にボイラー内の水温を上げ、煙室上部にある煙突から排出されます。 しかし、火室で石炭を燃

» 続きを 読む

給水口

私の機関車は、ボイラー上部に蒸気溜と点検口を持っています。 運転を始める前の大量の給水は点検口から注水することができます。 その後はボイラー右側にあるこの給水口に、テンダーの軸動と手動のポンプから給水することになります。

» 続きを 読む

注水器(インジェクター)

蒸気機関車にとって水を補給する機構は重要なものであり、実機では故障に備えて2系統の装備がなされています。 給水機構には注水器と給水ポンプがあり、注水器1~2基、給水ポンプ1基が組み合わされている例が多いようです。

» 続きを 読む

給水ポンプ

近代型の機関車ではウエア式給水ポンプが機関車右側のランボード中央の取り付けられています。 人によっては蒸気駆動で実際に給水できるものとしている場合もあり、キットも市販されていますが、私の場合はダミーです。 これについては

» 続きを 読む

空気圧縮機

機関車左側のランボード中央に取り付けられる空気圧縮機。実機ではブレーキの作動用に圧縮空気を作るために使用されるものですが、私のはダミーです。 給水ポンプは市販のダミーのキットがあったので購入しましたが、こちらは自作。 蒸

» 続きを 読む
1 2 3 4
趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト