PAGE TOP

Nゲージ電機用コントローラ (その1) 電子部品の素材集め

Nゲージ用のコントローラ(パワーパック)もいろいろと進化しているようで。

TOMIXが発売しているN-S2-CLのように、2ハンドルで実物のような運転操作を楽しめるものや、KATOが発売しているDCCのように、同じ線路上の電車を別々に動かすことができるものまで。

で、私が永らく構想を持っていたコントローラは、N-S2-CLのように実物のような運転操作が楽しめるタイプ。

・・ただ、高い・・

一方で、ホームページをウロついていると自作コントローラの情報も結構あるのに気づく。

皆さん、頑張られているようですなぁ。すごいモンです。

 

レイアウトにも、走らせる車輌等にもいろいろと構想はあるのだが、ボチボチ具体化していこうかなということで、ひとまずはコントローラの製作から着手してみることにした。

とは言っても、浮気性なもんでコレ一つに専念してオリャ~と一気に作り終えてしまうことはないと思うので、完成時期はおろか、完成するかどうかも不明(^^;

 

ベースとなる回路等については、模型製作投稿サイト ジオタウンに投稿されていた「ArduinoでPWMパワーパックを作ってみた」 という記事を参考にさせてもらうことにした。

・・ただ、出来上がりはかなり違うかも?

ちゃんと動くものを作られる方はそちらのページを参考にしてください(^^;

 

ひとまずは、電子部品等々を集めるところから。

パーツを秋葉原まで買いに行くか、通販で買うか迷い、結局、電子部品を通販で購入
そのパーツが届いた。

 

電子部品の数々
電機用と電車用の2セット作りたいことや、他にもやりたいことがあるので部品数は多め。
今回購入したパーツ代は14,000円くらい。

無駄遣いしすぎたか?

電子部品のコレクションで終わらないようにしたいけど・・


Arduino Uno(アルドゥイーノ  ウノ)
今回のコントローラの心臓部になろうと思われるArduino Uno(アルドゥイーノ  ウノ)
AVRマイコン。


写真写りでは大きそうに見えるけど、手のひらに収まる70mm×55mmくらいの意外と小さいもの。

実際にはArduinoに使われているATmega328というチップを単体で使用することになる。

=2014年6月=

電気機関車用コントローラに組み込む前に、Nゲージ用の制御盤に組み込んでみた

 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト