PAGE TOP

GT125 エンジンを洗おう(GT125-1型)

GT125 エンジンを洗う

部品どりのつもりで買ったスズキ GT125 (1型)


レストアのために解体してあるのだが、バラバラにすると細部の汚れが気になる。

エンジンは泥だらけになっていたのが気になっていたので洗おうと思った。
しかし、粘土質のような泥がこびりついていて、簡単には洗い流せなかった。
 
ポイントカバーなどのアルミパーツも腐食による痛みが激しいし、ネジ類も結構錆びてきている。
 
ということで、バラして洗うことにした。
..なんでもバラしたくなるのは癖である。

2サイクルのエンジンなので結構簡単にヘッド部分はバラせる。

このGT125のヘッド部は、いわゆるラムエアヘッド。
前方から空気を吸い込んでその流れを加速させて冷却するというもの。

シリンダに埋められている8本のスタッドボルト。このボルトにラムエアヘッドが取れつけられてナットで締め付けられているだけという簡単な構造。

 


GT125 ラムエアーヘッドヘッド部を洗い油に浸け置きして洗い中。

プラグの根本も錆びていたので、そのまま洗い中。


GT125 ラムエアヘッドを外したところシリンダ部をひとまずガムテープで覆い、エンジン本体を洗い始めたが、なかなか綺麗にならない。
 


..このまま放置か!?



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト