CB750 着火不良

久々にCB750に乗ろうと昨日バッテリーを充電しておいた。

エンジンは難なくかかったようだが、どうも調子がおかしい。
エンジンをさわってみると#1のシリンダが熱くなっていない。

どうやら、#1のシリンダだけ着火していないようだ。
プラグをはずしてみるとガソリンで濡れている。ガソリンは来てるようだ。

外したプラグを車体にアースしてセルを回してみると、ちゃんと火花も飛ぶんだけど。
・・ちなみに、エンジンのプラグ穴から十分離れた場所で試すとか、いつまでも火花を飛ばさないようにするとか注意しないと引火する恐れがあり・・危険かと。

 

#1と#4のプラグを交換して試してみたら、今度は#4が着火しなくなった。
プラグが壊れたようだ。
で..おかーちゃんのバイクを借りてプラグを買いに行った。

 

プラグを交換したら、全てのシリンダが着火した。

プラグをエンジンからはずしてスパークさせると火花は飛ぶが、エンジンに取り付けると着火しないってこともあるんですなぁ。
碍子の部分でも傷んでたんだろうか?

今回のような事象は4気筒だからプラグの場所を交換して比較的簡単にプラグの問題だと確認できたけど、単気筒だとなかなか原因がわからなかったでしょうなぁ。



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト