GT125 3号機 キャブ分解

GT125のキャブレター

スズキ GT125の3号機。車体を分解して8ヶ月。交換パーツもボチボチと買いそろえ始めたところで気になった・・キャブの中はどんな状態なんだろう..


GT125のキャブレターピンクがかったチューブがガソリンタンクからのチューブ。

前オーナーがつけたフィルターがついている。

しかし、経年のせいでチューブはかなり固くなっている。

組み立て時にはこの交換は必須だろう。


GT125のキャブレターキャブ同士をつないでるチューブもかなり固くなっている。

ただ、これらのチューブ類はバイク用品店で売っている汎用品が使えるはず。


GT125のキャブレター写真の下側がエンジン側から出ている給気の口に接続する部分。

ベークライトのような素材でできているが、これも経年劣化でボロボロと壊れそう。

あまり手を触れずにソッと組み立てよう。
場合によっては液体パッキンみたいなものが必要かも。


分解したGT125のキャブキャブの中の状態は比較的良好であった。
固着したスクリュー類もなく、無事分解完了。

ちなみに、現在のスクリュー類の戻し量などは付箋紙にメモ、メモ。


マニュアルによるとエアスクリューの戻し量は、1.5回転

 

分解したGT125のキャブ本体はやはりウエットブラストにだそうかな?


CB750のキャブはウエットブラストに出したらきれいになった。

しかし、こっちの125ccのバイクにそんなに金をかけてもなぁ、と思う今日この頃。



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト