PAGE TOP

メーターの機能のチェック (CB750 メーターオーバーホール)

さて、メーター本体のチェックも簡単に行ったが、動作に問題はなさそう。

とはいっても、スピードメーター、タコメーターとも測定する機器もないので正確な数値を指しているのかは分からない。
軸を回して針が動くこと、オドメーターが積算されることくらいしか確認できないのが現状だが。

本格的な確認はバイク本体のキャブが直ったらタコメーターなどは2つ持っているメーターを繋ぎ変えたりして試してみよう。

今回買って直しているメーターは

K0、K1のメーター類とK2以降からのメーター類の大きな違いはウインカー、ニュートラルなどのインジケーターランプがメーター内に内蔵されているか、メーター内部から分離されてハンドルポスト上に移動されているかである。
 
今回買った中古メーターはK4用である。
メーターの表示パネルは社外品ではあるがレストア用として販売されているものを使ってみようと思っている。
...K1風にしてみようかな~

バルブを取り付ける穴をドリルで開けて、ランプのソケットをつければ、手持ちの部品でもなんとかなりそうである。

 

CB750 K1 メーターk0、K1のメーター。

4つのインジケーターランプがメーター内に埋め込まれている。


CB750 K4 メーターK4以降のメーター。

メーター内にインジケーターランプはなく、ハンドルポストに移動されている。


続きの記事は・・・「別のメーター部品に浮気
この前の記事は・・・「メーターの針の塗装



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト