PAGE TOP

フロントフォークのケースを磨く (CB750セミレストア)

CB750 フロントフォークを磨く

フロントフォークのケースを磨いてみた。



CB750・・というか、昭和40年代のバイクはフロントフォークにゴムのブーツを履いているのが多い気がする。
未舗装道路やらで砂埃が多かったからなのかどうかは知らないが。
いや、我が家のバイクではヤマハのブロンコ、カワサキのW400にもついている。
ということは、現在でもゴムブーツ付きのバイクは結構あるみたいだ。

アタイとしては好きなのだが、このゴムのブーツ、掃除がしにくい。

それとオイル漏れの発見が遅れる。

このCB750もセミレストアしようとしていてあちこちの状態を確認中、ブーツをめくってオイル漏れを発見したのであった。

オイル漏れがあるCB750のフロントフォーク結構染み付いているところをみると、相当前から漏れていたようだ。

ゴムブーツ付きの中古バイクを買うときはブーツをめくって確認し、状態によってはてバイク屋さんにシール交換を相談してから買った方がいいかも。


雪で車のタイヤ交換ができなくなったので、その時間を使ってフロントフォークのケースを磨くことにした。
外は雪が降っているが、風がないためいつもより暖かいかも。
でも、そんな状態で屋外で作業するなんて・・物好きな人間だこと。
 

CB750 フロントフォークを磨くサンドペーパーで下地を作ってメタルコンパウンドとマザースで仕上げ。

あまりピカピカにして他のパーツと差ができすぎても困る。
 
とりあえず、一本完了。

写真の下のが磨いたやつ。


サンドペーパーで下地を作るのは賛否両論あろうけれども、アタイはやってしまいます。

二本目もざっと仕上げて本日は終了。
 
この後、中の洗浄とオイルシールの交換、最後の仕上げへと続く予定である。
シール類は純正品が入手できる模様。

続きの記事は・・・「シート張替の外注
この前の記事は・・・「いろいろと外注・・ 支離滅裂仕様



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト