PAGE TOP

マフラー取り付け(CB750セミレストア)

CB750 マフラー取り付け

フロント、リアタイヤの取り付けが終わり、大物の最後であるマフラーの取り付けをした。



今のマフラーはメッキの艶が引けてきて、内側には錆が覗いてきているので新品のマフラーである。

「USA CANADA CAUTION」刻印のあるHM300マフラーで、いずれ取り付けようとストックしておいたマフラーであるが、今回取り付けることにした。

 

CB750 HM300マフラーHM300はK0から採用されている無番マフラーの後の製品。

K2から採用され、消音規制対応がなされたHM341よりは前の型番の製品ということになる。


バイクのメンテナンスに関する雑誌「モトメンテナンス」誌によると、エキパイの内部にはジンクのスプレーを吹いておくと錆止めになるらしい。

ジンクコートスプレーこれがジンクコートスプレー。

亜鉛メッキの補修や熔接個所の下塗り防錆、鋼管の防食などに使用される防錆防食塗料。


CB750 マフラー取り付けやっぱ、CB750といえば4本出しのマフラー・・ええなぁ~

ちなみに、マフラー後部・上側のマフラーについているプロテクターも新品がストックできていたので装着。


これで、ほぼ大物部品の取り付けは終わった。

エンジンオイルを入れれば、いよいよエンジンの始動ができそうである。



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト