PAGE TOP

アースコードを抜いてみた(CB750セミレストア)

CB750 アースコード

セミレストアのために解体中のCB750。 アースコードを抜いてみた。


ハンガーボルト引き抜きのイメージトレーニング

メインハーネスを新品にしようとしているんだから、電気の帰り道であるアースコードも交換しよう。
 
アースコードはエンジン後部のハンガーボルト(エンジンをフレームに吊っているボルト)に共締めされている。
しかも、ボルトのナット側ではなく、頭の方に共締めされているため、ボルトを引き抜く必要がある。

 

ハンガーボルトを引き抜くには、

  • エンジン前部も含むハンガーボルト類を全て緩める
  • エンジン後部の下側に板を当てて車のジャッキをかませる
  • エンジンを持ち上げ気味にしてボルトを引き抜く

と、イメージトレーニングしておいた。

 

いざ、ハンガーボルト引き抜き

ひとまずアースコードが共締めされているハンガーボルトのナットを外して、どれくらいの固さなんだろうと試しにボルトを引っ張ってみたら・・・

アラ?
いとも簡単に抜けてしまった。

CB750 アースコード引き抜いたハンガーボルトとそれに共締めされているアースコード。


こんなもんなのか? 拍子抜け~~
ハンガーボルトというもんにはあまり荷重はかかっていないようだ。
 
ちゃんと接触して電気が流れるんだろうか。
まぁ、これまで動いてたんだから流れてはいるんだろうけど。
 
で、抜いたボルトは電気パーツ洗浄用スプレーで磨いてみた。

 

最終的にアース線は、社外品のアーシングケーブルに交換した。



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト