フロント周り分解

とにかく今年は寒い。
なかなか家の外の作業に手がつけられない。
・・もっとも、寒くなかったら寒くなかったでいろんなことに手をつけて結局は何でもやりかけになって最後までできることはないのだが。(性分なのでしょうがない)
 
今日はフロント周りをバラしてみた。
フロントフォークにオイル漏れがあるのと、ハンドル周りのパーツを取り替えるためだ。
 
フレームのエンジン下部にブロックや板を敷いて前輪を取り外した。
それなりに安定してはいるものの、念のためフレームとバイクリフトをひもで結んでみた。
 
が、やはりちょっと心配。昨日も地震があったし・・それに、今の作業ペースではいつになったら前輪を組み込めるか分からない。
タイダウンベルト買ってこよう。タイダウンベルトを惜しんでバイクが倒れてフィンでも欠けた日には目もあてられないし。
 
バイクリフトの上のCB750
 
安定したところで、フロントフォークを抜いてみた。
バイクリフトの上のCB750
 
インナーチューブの擦動部は錆もなく綺麗だったが、ヘッドライトステー部に隠れたところが結構錆びて痛みが出ている。
磨かなくちゃ・・
 
リヤフェンダーやバッテリーボックスを取り付け始めてはいるものの、もしかしてこの状態はフレームとエンジンだけ?
横に倒せば簡単にエンジンが降ろせそう・・
 
降ろしてオーバーホールすれば・・そりゃあ、いいだろうが・・お金がないのでやめとこう。