PAGE TOP

RCトラック用セミトレーラーの組み立て・・その8

セミトレーラー カプラープレート関連パーツ組み立て完了

タミヤの1/14 トレーラートラック用「日本郵船 40フィートコンテナ セミトレーラー」の製作(組み立て)。
組み立て説明書にある工程は全部で33工程。

今回は「12 脚」、「13 カプラープレート」。


工程12 「脚」

セミトレーラー 脚の組み立て図 ここでは、トレーラー単体で駐車している時に車両の前部を支える脚・2個を組み立てる。


セミトレーラー 脚のパーツ脚関連のパーツ。

脚はロックがかかる位置まで手動で引き出し、ロックを解除するとスプリングの力で脚が引っ込む仕組み。


セミトレーラー 脚のロック部組み立てが完了した脚を引き出した時に脚をロックするパーツ。

 プレートの上についている細長いパーツ・・
写真の左の部分で脚をロック。
テコになっており、右の方を押すと脚のロックがはずれる。

このパーツ自体はねじりばねの力でこの写真のような形に保たれている。


セミトレーラー 脚引っ込め用スプリング脚自体を組み込むパーツには脚を引っ込めるためのコイルスプリングを取り付ける。


セミトレーラー 脚脚を組み込んだ状態。


セミトレーラー 脚ロック部のプレートをネジ止め。


セミトレーラー 脚 組み立て完了脚 2個、組み立て完了。

左が脚を引き出した状態。

この状態でテコになるパーツの上部を押すとロックが外れ、コイルスプリングの力で脚が引っ込む。
脚を手動で引き出すと自動的にロックがかかる。


オプションとして発売をされている電動で作動するオートサポートレッグなどというものもあるようだが、メーカー希望小売価格 7,344円 (8%税込)とちょっとお高め。
さらに、追加のサーボモーターも必要。かなりお高めになる。

今回はパス・・・
次回!?・・・なし。

工程13 「カプラープレート」

セミトレーラー カプラープレート組み立て図ここではトラックと連結するカプラー部分のパーツを組み立てる。


セミトレーラー カプラープレートパーツここで使用するパーツ類。


セミトレーラー カプラープレート組み立てトラックと連結するプレート部分。
牽引時に力のかかる部分。

ここは金属製のプレートに金属製のジョイントパーツをネジ止めする。

出っ張った形で取り付けられたジョイントパーツを掴まれて引っ張りまわされる訳ですな。


セミトレーラー リトラクタブルサポートパーツリトラクタブルサポートと呼ばれるパーツ。

トラックとトレーラーが連結されたことを検出する部分。


セミトレーラー リトラクタブルサポート組み立て完了リトラクタブルサポート組み立て完了。

早い話、トラックと連結してここがガッチャンと動くと次の写真のプッシュロッドを押す仕組み。


セミトレーラー プッシュロッドリトラクタブルサポートに押された動きを次の写真のプッシュマウントに伝えるロッド。


セミトレーラー プッシュマウントパーツプッシュマウントと呼ばれるパーツ。

プッシュロッドで押されると爪の部分が移動し、工程12 「脚」で作ったロック解除のテコを押して足が引っ込む仕組み。


セミトレーラー プッシュマウント組み立て完了プッシュマウント組み立て完了


なお、オプションのオートサポートレッグを取り付ける時はこのリトラクタブルサポートとプッシュマウントは不要となる。

セミトレーラー カプラー関連パーツ組み立て完了カプラー関連パーツ組み立て完了。


 

「トレーラートラック用セミトレーラーの組み立て」次の記事(その9)
「トレーラートラック用セミトレーラーの組み立て」前の記事(その7)

 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト