PAGE TOP

RCトラック用セミトレーラーの組み立て・・その9

セミトレーラー 脚取り付け完了

タミヤの1/14 トレーラートラック用「日本郵船 40フィートコンテナ セミトレーラー」の製作(組み立て)。
組み立て説明書にある工程は全部で33工程。

今回は「14 コードフォルダー」、「15 (無題)」、「16 《TROP.5 オートサポートレッグ》」。


工程14 「コードフォルダー」

セミトレーラー コードフォルダー組み立て図フレーム前端に取り付けるパーツ。
「トラックオプション2(TROP.2) セミトレーラー・ライトセット」を取り付ける時は、ここにトラックと連結する配線をセットするようになる。


セミトレーラー コードフォルダー組み立てパーツコードフォルダー関連のパーツとトラックオプション2。

コードフォルダー関連のパーツには白色成形のパーツがあるのでセミグロスブラックで塗装する。


セミトレーラー コードフォルダーパーツベースとなるパーツ。

2ケ所の切欠きがある。


セミトレーラー コードフォルダーパーツ加工トラックオプション2を取り付ける時はコードを通すために2ケ所の切欠きの反対側を1ケ所欠き取る。


セミトレーラー ライトセットオプション組み立てこちらはトラックオプション2のパーツ。

ブッシュにドライバーで穴をあけ、LEDを通しておく。


セミトレーラー ライトセットオプション組み立てコードフォルダーパーツに配線をセットする。


セミトレーラー コードフォルダーパーツ組み立て完了配線のセット完了。

トラックオプション2を取り付けない場合、コードフォルダーのパーツの天板には縞鋼板のようなパーツを取り付けることになる。


コードフォルダーから引き出す配線コードの長さは・・

セミトレーラー ライトセットコード長 グレーの配線が目立ちそうなので、コードフォルダーから出るコードは最短となるようにしていた。


セミトレーラー ライトセットコード長・・が、実際に走らせてみるとトラックとトレーラーが「く」の時に曲がるような状況ではコード長が足りなくなった。

ということで、コードフォルダーから出るコードの長さはトラックとトレーラーが90°くらい曲がっても大丈夫なくらい出しておく必要がある。


工程15 「(無題)」

工程15 組み立て図「12 脚」、「13 カプラープレート」(RCトラック用セミトレーラーの組み立て・・その8)で組み立てたパーツを取り付ける。

トラックオプション5のオートサポートレッグを取り付ける時はこの項は飛ばす。


セミトレーラー コードフォルダー取り付け コードフォルダーをフレーム前端に取り付ける。


セミトレーラー カプラープレート取り付け フレームをひっくり返してカプラープレートを取り付ける。


セミトレーラー 脚取り付け脚を取り付ける。


セミトレーラー リトラクタブルサポート取り付け トラックと連結したことを検知し、脚を引っ込めるためのリトラクタブルサポートをカプラープレート横に取り付ける。


セミトレーラープッシュマウント取り付け脚を引っ込めるためのプッシュマウントを取り付ける。


セミトレーラープッシュマウント取り付け脚を伸ばすとこんな感じ。


セミトレーラー 脚取り付け完了脚がついたことで正立させてもちゃんと自立するようになった。


セミトレーラー テールライト ライトハーネスのクリップこのクリップを両面テープでフレームに取り付けてライト用のコードを固定するように指示されているが、この段階ではまだランプ用のLEDが固定されていない。
従って、「17 テールライト」の工程でLEDが固定された後に取り付けるのが吉。


工程16 「《TROP.5 オートサポートレッグ》」

工程16 組み立て図トラックオプション5のオートサポートレッグを取り付けない時はこの項は飛ばす。

アタイはもってないのでパス。


 

「トレーラートラック用セミトレーラーの組み立て」次の記事(その10)
「トレーラートラック用セミトレーラーの組み立て」前の記事(その8)

 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト