PAGE TOP

ベアボーンキット DeskMini 310の組み立て(その3)

VESAマウントにDeskMini取り付け

組み立て中の娘のASRockのベアボーンキット。
いよいよ仕上げ。

最後はVESAマウントキットを使ってモニタ背面に取り付け。


VESAマウントキット

娘がDeskMini 310が気に入った一番の理由は、筐体が小さいだけでなく、モニタの背面に取り付けられてPC本体が見えないところ。
ということで、VESAマウントキットの購入は必須。

 

VESAマウントキット ASRock DESKMINI A300/310/110用VESAマウントキット。

パッケージはDeskMini110となっているが、DeskMini 310にも対応している。



・・ついでに、アタイのDeskMini110にもあとでこれを買ってモニタ背面に取り付けた(^^;

 

VESAマウントキットキットの内容はこんな感じ。

PCの筐体に取り付けるパーツとモニタ背面に取り付けるパーツの2種類。


VESAマウントキットのネジは2種類 ネジは8本入っているが、ネジのピッチは2種類。

モニタ側とPC側ではピッチが違うので注意が必要。

・・まぁ、間違ってネジ込んでも入りませんわ。

それを無理にねじ込むとネジ山壊れますわ。


VESAマウントキット ちっちゃい方をPCの筐体の底にネジ止め。


スタンド用ゴムの貼り付け 筐体に貼り付けるスタンド用のゴムがあるが、筐体を横置きしたときの底になる部分にはVESAマウントキットのパーツがついているので、筐体を縦置きした際に底になる部分に貼り付けた。


VESAマウントキットを取り付けたDeskMini 310VESAマウントキットとWi-Fiのアンテナが取り付けられた状態。

これで、外観は最終形態。


DisplayPort

娘がPCに要求する一番重要なスペックはモニタ以外に液晶タブレットを接続するためのHDMIポートがあること。

DeskMini 310 ビデオ出力ポート DeskMini 310 には DisplayPort、HDMI、D-Subの3つのビデオ出力がある。
(同時出力は2台まで。)


ということで、モニタに使えるポートはDisplayPortかD-Subのいずれかになる。

今使っているノートPC・LaVie L(PC-LL750TSW) はヤマハ製ステレオスピーカを内蔵し、ヤマハ製 AudioEngine機能搭載ということで、ノートPCにしてはいい音がする。

購入したモニタは一応スピーカー搭載という条件で絞って、ACER/KA270HAbmidxにしてある。

アタイもスピーカー付きのモニタは何台か使っているが、実際に使用するのは外部のアンプ経由のスピーカー。
この機種も持っているが、オマケ的なスピーカーという音しかしなかった・・

なので、音質はその程度ということを承知で、システムの通知音などが出れば便利というくらいの気持ちでと娘には説明して買ったのであった。

娘としても音楽はスマホ+Bluetoothスピーカーで聴くのがメインなので、こちらには期待しないみたい。

ま、そんなこんなでモニタを接続するポートはD-Subではなく、音が出せるDisplayPortということになる。

ただし、忘れてはならないのが、DisplayPortの規格では音声の伝送はオプション扱い

DeskMini 310のDisplayPortが音声信号を出しているのか否かという情報はネットでは見かけなかった。

出たとこ勝負だが、やむを得ない。
ケーブル自体は音声対応となっているものを探した。

 

DisplayPort - HDMI 変換ケーブルモニタ側はHDMIポートに接続し、PC側はDisplayPortに接続するので、その変換ケーブルを購入した。

「DisplayPort-HDMI変換 ケーブル Syncwire DP to HDMIケーブル 4K 音声対応」


結果は、Windows10インストール後に確認ということになるが・・
結論から言うとDeskMini 310のDisplayPortから音声信号は出てました
音声対応のDP to HDMIケーブルを使用し、モニタにスピーカーが搭載されていれば音はでます。

 

モニタ背面に本体を設置

DeskMini 310 一式“DeskMiniシリーズ、本体は小さいのだが、電源アダプタが割と大きく見えてしまうのが難点。


VESAマウントキットをモニタ背面に設置VESAマウントキットのモニタ側のパーツをモニタ背面にネジ止め。


VESAマウントキットを介してモニタ背面に設置PC本体を取り付けて完了。


OSインストール

今回のOSは、Windows10 Home版。

インストールメディアはUSBだったので、外付けのCD-Rなども不要。

 

DeskMini 310とDeskMini 110

DeskMini 310とDeskMini 110 アタイのDeskMini 110と今回のDeskMini 310を比べてみたが、どうやら筐体は全く同じもののようだった。

(・・・黙ってアタイのDeskMini 110を娘に渡すと・・どれくらい怒られるだろう?
口を聞いてもらえない日が何日くらい続くだろう!?)

 


違いはサポートしているCPU。
・・だけかと思って調べてみたら、 DeskMini 310のマザーボードの裏側にはMicro SD カードリーダーがついていた

筐体内部、しかもマザーの裏側なので簡単にはアクセスできるものではない。

Linuxベースの軽量のOSのシステムなどに使用する物みたいですな。

DeskMini 110は、現在DeskMini 310より、5,000円くらい安く売られている。

最新のCPUは不要、安く上げたいというのであればまだDeskMini 110という選択肢もあるようだ。

 

で、合計おいくら万円?

=2019年7月1日時点=

DeskMini 310/B/BB/JP ¥17,367
Core i7 8700 BOX ¥35,975
増設USBポート
PCIB-USB2/2FL
¥865
メモリ
CFD/D4N2666PS-8G
[SODIMM DDR4 PC4-21300 8GB]
¥3,857
ASRock DeskMini用Wi-Fiキット DESKMINI WIFI KIT ¥3,188
SSD
Silicon Power/M.2 2280 M55
SP120GBSS3M55M28
¥2,950
HDD
東芝/MQ04ABD200
¥7,200
ASRock DESKMINI A300/310/110用VESAマウントキット ¥1,944
ワイヤレスキーボード ¥2,044
ワイヤレスマウス ¥1,508
モニタケーブル
DisplayPort-HDMI変換 ケーブル
Syncwire DP to HDMIケーブル
4K 音声対応 金メッキ 1.5M
¥1,299
モニタ ACER/KA270HAbmidx ¥17,432
OS Windows 10 Home 日本語版 ¥15,689
 
合計 ¥111.318
(主な購入先はアマゾン、他にドスパラ、ツクモ、ノジマ)

 

娘の記憶では前回のノートPC(PC-LL750TSW)は17万円くらい?で買ったらしい。
もちろん、爺も一緒に行ったが、価格については爺の記憶は全くない・・人の金だし(^^;

今回は・・モニタが27インチということで場所はとるが、性能面ではノートPCよりはるかにいいと思う。

まして、前回より6万円くらい安く、35%ものコスト削減。

良いお買い物でした。(たぶん)

 

 

 

ベアボーンキット DeskMini 310の組み立て(その1)
ベアボーンキット DeskMini 310の組み立て(その2)

 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト