PAGE TOP

試運転(CB750セミレストア)

CB750 試運転

2006年4月30日

セミレストアがほぼ終了したCB750。
昨日は雨のため試運転ができず、今日に持ち越し。
とりあえず昼までテレビでも見て..


いざ、出発であるが、念のため持ち物は工具色々。
ただし、同行するおかーちゃんのリュックの中であるが・・スンマセン・・

 

エンジンの始動性は非常に良くなった。
ちょっとの間、おっかなびっくりで走るが、特に問題らしきものは見あたらず、出だしは好調。

しばらく走ってエンジンが熱を持ち出すと1,000prmだったアイドリングが1,800rpmくらいまであがってきたので1,000rpmくらいに戻す。

2,000rpmまでは非常にもたつく感があるが、それ以上回すといい感じで回ってくれる。

 

渋滞にはまってエンジンが熱くなると途端にニュートラルに入りにくくなるのは以前からの症状。
また、エンジンが熱くなると3~4,000rpmあたりをキープして走るとパラパラと同調が崩れた感じになる。
今回はエンジン周りでいじったのはキャブのメインジェットのみ。
つまり、エンジンの調子が悪くなってきてるということか・・

エアスクリューを回して回転が高くなるところを探して調整してみようと試みるが、そのうちアクセルを戻すとポンポン音がするようになってきた。

やらなきゃよかった(x_x)
家に帰って規定値に戻そう。

 

1~2時間走ったら、フロントのブレーキあたりからカラカラと音がするようになってきた。
ブレーキレバーを握るとしばらくは静かになる。

片押しのパッドであるが、キャリパーアームが車体になじんできてちょっと隙間が開きすぎたようだ。
これもネジを締めて隙間を調整したら音はしなくなった。

 

ちょっと一休みして写真撮影。

HONDA CB750


HONDA CB750


写真を撮り終わって帰ろうとしたら・・セルが回らなかった

家の充電器で充電した時、メーターの振れ具合からバッテリーは危ないと思っていたので特にパニックには至らず想定内。

ただ、今のバイクと違ってキックがついているのが便利なところ。
軽くキック一発でエンジン始動。
まあ、セルが回りゃぁキックはいらないんだろうが。

 

その後、2回休憩したがセルは回らずじまい。
試運転は無事完了したが、キャブの調整とバッテリーの新調が必要みたい。
また、出費がかさむ・・

 

本日の走行距離 91km

 

落下した部品は・・たぶん・・無い・・と思うんだけど。
そうそう、まだリヤステップつけてないんだった。色も塗ってる途中だし..



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト