PAGE TOP

HM341マフラーのディフューザを社外品に交換

HM341用ディフューザー社外品

2003/04/26

中古で購入したCB750。何度か乗ってみてノーマルの状態が分かってきた。

さて、とりあえず納車前から収集を始めていた外装パーツのうちのマフラーのディフューザ部でも取り替えてみよう。


CB750のマフラーは、

  • 無番マフラー
    品番の刻印がない、CB750の極初期のマフラー。
  • HM300
    K0から採用されている無番マフラーの後のHM300の刻印があるマフラー。
  • HM341
    K2から採用され、消音規制対応として内部構造、ディフューザ部が変更されているマフラー。

に大別できる。

購入したCBのマフラーはHM341。
音は無番、HM300などと聴き比べたことがないので、こんなものと思えばそれでも良かったのだが、すでに用意しておいた社外品のディフューザ部と見比べると交換しただけでかなり抜けが良くなり、音質が変わるのは一目瞭然。

左が純正部品、右が今回取り替えようとしている社外パーツ
ディフューザ 後部から見える部分である。左の純正品はかなり出口が絞られているのがわかる。
ディフューザ マフラーの内部から見るとこのようになる。
ディフューザ 横にして並べてみると入り口からしてかなり絞られているのがよくわかる。
   
純正のスタイル 交換前の純正のスタイル
交換パーツを取り付けたスタイル

社外パーツを取り付けた交換後のスタイル

交換してみると、なかなか良い音である。

ウ~ム、満足。

音は大きくなったが、やかましくなったというのではなく、低音が響くようになった。

空ぶかししてみるとウォーンというヨンフォアの集合マフラーの音を大きくした感じ。
かなり抜けが良くなったようだ。

こりゃ、キャブのジェット類も交換しなくちゃならんか?

・・どんどんはまりそうなのでやめとこうかな!?



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト