PAGE TOP

CB750のガソリンタンク、再塗装の下地づくり

ガソリンタンク塗装の下地づくり

再塗装を始めたCB750の外装の再塗装。

まぁ、それほど上手く塗れるとは思っていなかったんだが、やはりサイドカバーの再塗装は満足できる仕上がりじゃなかった。


でも、ガソリンタンクはシートとこすれて地金がのぞき始めている部分もあるのでとりあえず、前に進もう。

いざ、下地作り。

 

ガソリンタンク塗装の下地づくりストライプをはがし始める。

普段使っている時は勝手に剥がれたりするような時もあるが、いざ剥がそうとするとなかなか剥がれないものである。

このタンクも一部剥がれている部分があったのだが、そこ以外・・剥がれない。


まぁ、こんなところかな?というところまで耐水ペーパーなどで剥がした。

地金が出た状態で長く置くとすぐさびるので、早めにサフェーサーを塗っておいた。

 

ガソリンタンク塗装の下地づくりその後、耐水ペーパーで水研ぎ中。

ちなみにタンクキャップが外れず、新聞紙でマスキングして作業。


頑張ってタンクキャップを外そうともしないこんな気合じゃ、いい塗装は期待できそうもない。

ガソリンタンク塗装の下地づくり一応、裏面もサフェーサーで仕上げる。

やはり、裏面も錆が出始めていた。


 

そんな、こんなの「CB750再塗装記録」。



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト