タコメーター =2004/04/18=

タコメーター分解 続いてタコメーター。
 
掃除をして簡単な動作確認。
まあ、これも正確な値を示しているかは不明ではあるが、素人としてはちゃんと針がスーッと0のポジションに戻ることを確認して.. あら、スーッと0に戻らない。ウ~ム、やむなし。次のメーターを物色。

次のメーターを再度、分解/掃除をして簡単に動作確認をしてスーッと0に..戻った、戻った。

ハーネス作成 次はハーネスの作成。
DAYTONAからメーカー純正色に対応するケーブルが発売されているので順次取りそろえておいたが、一部販売されていないものもある。
そこは、テプラか何かで印でもつけとおこう。(あまり代用をしすぎたら自分でもわからなくなるし。)
たかがメーターと言えども数種類の色をそろえなくてはならない。あとは、ハースネチューブ、ハーネステープ、ぎぼし、圧着工具などが必要。

メーターソケットはケーブルがゴムに埋め込まれているため、根本1~2cm残してケーブルの色が識別できるようにして切り落とし、新しいケーブルをハンダづけ。
ハンダづけ部分はショートしないよう熱収縮チューブでもまいておくのが吉。

ここまでに至るのに、スピードメーター3個、タコメーター3個の中古メーターを買ってしまった..
スクラッチ、ビルドと言えば聞こえはいい。 うん、これはスクラッチ、ビルドだ!!
テーブルの上に並んだ6個のメーターを眺めて家族に説明、自分で納得。

...予算的には業者さんに曇り止め加工に出した場合の額をすでにオーバー。

Do It Your Self !! 1/1スケールの模型づくりは面白い!! お金をかけて新品パーツを買うだけより面白いんだ..完成すればだけど。