PAGE TOP

同調 (CB750キャブオーバーホール)

分解掃除したキャブレターを組み上げも終えて3週間。

やっと時間がとれたので、エンジンの火入れとキャブの同調じゃ~。


その前に、バッテリーを充電しながら、花咲かGによってタンクの錆びとりの準備はしておいた。

さて、いよいよエンジンの始動である。
セルを数回回すと手応えあり。
さらにセルを回そうとすると、カチ、カチとリレーの音はするが、セルモーターが回らない。

もう1~2回セルボタンを押すとセルも回り、エンジンは無事始動した。

 

しばらく様子を見ていたが#1、#2シリンダが着火しておらず冷たい状態。
#3、#4シリンダのみでパラパラとエンジンは回っていた。

プラグキャップの接触不良らしかった。

エンジンも暖まったところでバキュームメーターをセットし、いざ同調!

4連バキュームメーターを使ってキャブの同調..が、4連バキュームメーターのコックを開いても針が動いたのは1つだけ。
やむを得ず動いているメーターにホースを付け替えながら同調をとろうとしていると、そのうちに3つのメーターが動き始めた。
残り1つのメーターは..負圧計なら口で吸え~、とやってみると動き出した。
使用頻度が少ないからか?


なんとかメーターが全て動いて、約10分でこなんもんかなぁという納得できる値(2,000rpm 30cmHg、気筒間の差は1~2cmHgくらい)におさまった。
(昨今計量法が変わっているが、今の単位はなんというのだろう?)

4連バキュームメーターを使ってキャブの同調アイドリングを調整し、しばし休憩。

5~6分見ていると#3キャブからガソリンがタラタラタラ~とオーバフローしてきた。

あら~


 

続きの記事は・・・「油面調整やり直し
この前の記事は・・・「ウエットブラスト完了~組み立て



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト