PAGE TOP

キャブレター分解 (CB750キャブオーバーホール)

CB750キャブ & チョークロッド

ガソリンが漏れるのを調査するため車体から取り外したキャブレター。
オーバーフローした原因は、フロートが左右「へ」の字に曲がっているのが原因らしいことが分かった。



エンジンに戻して調整すればなんとかなりそう。

CB750キャブ車体に取り付けられていた状態では綺麗に(といっても車齢にしてはだが)見えていたキャブだが、車体から取り外してみると色々と気にかかる。


せっかく車体からおろしたんだから、綺麗にできるところは綺麗にしよう! ということで、さらなる分解を開始。

CB750キャブ 上部頭頂のダストキャップは汚れこそあるものの、破れなどの劣化はなかった。

シリコンスプレーやワックスなどできれいになりそう。


CB750キャブ 上部 パーツによってはバフがけされたようにきれいな部分もある。

一応キャブ内にはゴミが入らないようにガムテープで蓋をして・・


CB750キャブレターと取り付けプレート キャブレターの下側に写っているのがエンジンへ取り付けるプレート。
これにくっついているのがスロットルロッドを引き上げるパーツ。

パーツリスト上ではどうもこの部分はキャブレターアッセンブリとしてあるのみで、単体でのパーツ供給はなされていないみたい。
大切に扱わないと新品の入手は困難かも。


CB750キャブレター4つのキャブはまだ、チョークロッドで連結されている。


CB750キャブ & チョークロッドチョークロッドは白いサビのようなものが浮き始めている。


 

CB750キャブ チョークロッド類Y字っぽいのがステイプレートセット。

この部分はスロットルワイヤーのチューブを取り付ける場所。

その他のがチョークロッドとフラットスクリュー。

このあたりは磨けばきれいになりそう。


よし、これらはバフ掛けじゃ~

まず、キャブをプレートに取り付けるネジの頭で試してみよう。
ちなみに、このネジ、車体に取り付けると全く見えない部分なのである。

CB750キャブ フラットネジ左が元の状態、右がバフがけ後。

ウ~ム、ストロボの影響かどちらも綺麗に見える。


CB750 チョークロッド続いて、チョークロッド。

上が元の状態、一番下がバフ掛け後。

ウ~ム、写真で見ると..どちらでも良いか。

いやいや、元の状態では白いサビがあったのが、メッキしたようになったんだからこれでいいんだ。
自己満足しないと・・


ただ、あまりピカピカにすると車体に取り付けたときキャブだけ浮いて見えるかなぁ。

また、バフ掛けの後も本来なら材質によっては何がしかの後処理が必要っぽいけど・・

 

続きの記事は・・・「清掃
この前の記事は・・・「キャブレター取り外し

 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト