PAGE TOP

CB750 シリンダヘッドを磨こう(CB750セミレストア)

CB750 磨き前のシリンダヘッド

CB750のメインハーネスを交換しようとしてガソリンタンクを外したが、結構汚れが目立つ。
長いこと掃除してないしなぁ  
って、ことでひとまず掃除と磨くところからスタート。


一番目についたシリンダヘッドから

ガソリンタンクを外すと、当然シリンダヘッドが目につくようになる。

CB750 磨き前のシリンダヘッドよまし、ずはシリンダヘッドから。

かなり艶が落ちている。

サンドペーパーで下地を整え、ピカール、マザースでゴシゴシやろう。


サンドペーパーをかけるということは、表面を一皮むくということ。
本来はあまりやらないに越したことはないが、ここまで艶が落ちているとケミカル類だけで磨くのは難しそう。

 

CB750 磨き後のシリンダヘッド結局一日が終わったが、磨き終えたのはヘッドカバーの左側だけ。


CB750 磨き後のシリンダヘッド結構きれいになった。


だが、サンドペーパーを使うと、一皮むいた分、酸化しやすくなるとか、ならないとか。
その後は頻繁に掃除をしないといけないようなことを聞いたことがある。
真相はわからないが、頻繁な掃除は必要でしょうなぁ。

 

CB750 シリンダヘッド 磨き前後の比較上から見てみると、掃除前後でかなり差がある。
やっぱ、きれいになるといいもんだ。

ウ~ム、右も早く磨かなくちゃいかんな。


でも今日のところは日も暮れたのでここまで。

バッテリーボックスも錆びてるのが目につく。外して塗装し直そう。
こうなったら徹底的に掃除からじゃ。
 
この分じゃ、メインハーネスの交換までに何ヶ月かかることやら。



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト