PAGE TOP

アクションカメラの風切り音対策 – 紆余曲折編

アクションカメラ

アクションカメラ・CT8500。
マウントキットが付属して6,000円程度(2020年6月現在)とGoProなどに比べると格安。
3840×2160/30fpsの4K動画が撮影できる。
(ただし、手振れ補正機能を有効にするには2.7K以下で撮影する必要がある。)



アクションカメラのマウントキット数多くのマウントキットが付属し、外部マイクも付属していた。
バイクにちょこっと取り付けるにはコスパ的に見てももってこい。


Crosstour アクションカメラ CT8500
Crosstour

アクションカメラをバイクの取り付けるとやはり風切り音が気になる。
よし、風切り音対策じゃ!

結果から言うと・・

CT8500はマイクが内蔵されているが、外部マイクも付属していた。
風切り音対策するには、本体の内蔵マイク周りにゴチャゴチャと細工するより、外部マイクを接続して、そちらに風切り音対策をした方が楽だろう・・
ということで、ここで述べる外部マイクの風切り音対策を実施してきた。

しかし、どうも、コレだ!!という対策が見つからない。

が、あきらめかけたときに気が付いた。

外付けマイクを接続しても、内蔵マイクはOFFにならずに音を拾っているではないか・・
ガク _| ̄|○

ということで、内蔵マイク、外付けマイクの両方に風切り音対策が必要。

では、お急ぎの方は「アクションカメラの風切り音対策 – 解決編」をご覧ください。
(^^;

お時間のある方・・・折角ですから、この後に述べる風切り音対策もご覧ください。

ただし、内蔵マイクの対策をしないで試していたので、どれがどの程度効果があったかは・・不明
とはいえ、どのやり方も効果はあったのではないかと思っているが。

いろいろとやってみた風切り音対策

ネットで調べた情報やら、なんやかんやの情報を元にいろいろと試してみた。

その1 ティッシュペーパー

アクションカメラの外部マイク 付属のマイクは全指向性のもので、マイクの根元にも穴が開いている。
全体はスポンジで巻かれて風切り音対策もなされている。
服に取り付けられるようなクリップもついている。


風きり音対策 - ティッシュ マイク全体をティッシュで巻いて・・


風きり音対策 - ティッシュティッシュの上から付属のスポンジを取り付けた。


マイクも余分なものが目立つように取り付けられることもなく、一番手軽でいいかなと思ったが。

欠点・・
スポンジが伸びてマイクから外れやすくなってしまった。
風が強く当たるバイクではちょっと問題かな。

その2 毛先の長いモップ

風きり音対策 - 毛先の長いモップ 毛先が長ければ、マイクまでバタつき音が届きにくいかなと思った。


風きり音対策 - 毛先の長いモップ モップのアチコチから少しずつカット。

・・一部からごっそりカットすると後々モップとして使いにくくなると困るし。


風きり音対策 - 毛先の長いモップ 根元を糸で縛る。


風きり音対策 - 毛先の長いモップ4個作ってみた。


風きり音対策 - 毛先の長いモップマイクに巻き付けて、糸で縛った。


風きり音対策 - 毛先の長いモップリアショックの根元あたりにつけてみた。

あまり邪魔にはならない。


風きり音対策 - 毛先の長いモップ他の場所としては・・

前方からの風が当たりにくいように、リヤステップの後ろに隠してみた。


その3 毛先の長いモップと化粧用パフ

風きり音対策 - パフ先ほどの毛先の長いモップの毛と100均の化粧用パフ。

化粧用パフの中にはスポンジがある。
これも風切り効果がありそう。
また、全体の素材も効果がありそう。


風きり音対策 - パフマイクと毛先の長いモップをパフに突っ込んだ。


その4 トイレットペーパーの芯

風きり音対策 - トイレットペーパーの芯どうも、マイクの周りに柔らかいものをいろいろ巻き付けてもダメなのか?と思い、強固なガードとなるようトイレットペーパーの芯を使ってみた。

音が入るように少し開口部をつけた。


風きり音対策 - トイレットペーパーの芯 ただし、トイレットペーパーの芯だけだと、音がこもるような気がしないでもない。

そこで、マイクの周りに少し布を。


風きり音対策 - ハンカチさらに外側にタオル地のハンカチを巻いてみた。


風きり音対策 - ハンカチ マイクの先の方は開いてある。

・・完全に包んじゃうと音を遮断しすぎると思うし。


風きり音対策 - ハンカチ それをリアショックの上に取り付けた。

開口部はバイクの後方に向け、直接風が入らないようにした。


その5 マイクの裾にモップの毛を

風きり音対策 - ティッシュマイクの根元にも開口部がある。

ここから風が入らないようにモップの毛先を詰め込んだ。


風きり音対策 - ティッシュさらに周囲をティッシュで巻いて・・


風きり音対策 - ティッシュマイクのスポンジを元に戻した。

これはマイクのスポンジが伸びるのでおススメできない。


その6 キッチンにあった食器洗い用のスポンジ

風きり音対策 - スポンジ 三層構造のスポンジ。

やわらかい層をカッターで切り離し。

固い部分の層を外側、中央の層を内側にしてマイクに巻き付けた。

固い層はかなり風をガードすると思ったから。


風きり音対策 - スポンジその外側に柔らかい層のスポンジを巻き付けた。


その7 激落ち

風きり音対策 - 檄落ち洗剤いらずのスポンジ・激落ち。

スポンジよりはるかに目が細かいので風も入らないだろう。

 


風きり音対策 - 檄落ちカッターでザクザクと加工。

先端からも風を巻き込まないように薄めにカットしたものをつけて・・


風きり音対策 - 檄落ち糸でまいた。


風きり音対策 - ハンディモップさらにハンディモップを・・


風きり音対策 - ハンディモップ周囲に巻き付けた。


その8 シート下のツールトレイ

風きり音対策 - シート下のツールトレイ 周囲から風が入り込まないようにウエスでガード。

激落ちで包んだマイクを後方に向けてみた。

さすがに音量自体が小さくなった感じがする。


風きり音対策 - シート下のツールトレイ マイクをそのままの姿に戻して、ツールトレイにクリッピング。

周囲はウエスの山。


いろいろ試したが、結果的に「外付けマイクを接続しても、内蔵マイクはOFFにならずに音を拾っている」というのが分かった。
どうやら、内蔵マイクも風きりリ音を拾っているようだった。

つまり、このいずれかの方法でも外付けマイクの風よけ対策は成功していたのかもしれない。

 

最終的な解決策は・・ 「アクションカメラの風切り音対策 – 解決編」で。



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト