マクラギ(枕木)

(2000/08/22)



ご存じのマクラギはレールから受けた荷重を一様に道床に伝え、軌間を保持する役目を持っている。

枕木は、次のように分類できる。

  1. 材質による分類
    1. 木マクラギ
    2. PCマクラギ
    3. 鉄筋コンクリートマクラギ
    4. 鉄マクラギ 
  2. 敷設箇所による分類
    1. 並マクラギ
    2. 橋マクラギ
    3. 分岐マクラギ 
  3. 敷設状態による分類
    1. 横マクラギ
    2. 縦マクラギ
    3. 短マクラギ

現在はPC(Prestressed Concrete)マクラギが主流であるが、これは、鉄筋コンクリートに使用する鉄筋にあらかじめ引張荷重を加え、コンクリートに圧縮力を与えておいてコンクリートの引張荷重を増した強度の高いコンクリートのマクラギである。

手元の古い資料(岡山鉄道管理局の資料)に昭和51年末のマクラギの本数が掲載されていた。

山陽本線(三石~糸崎)

並マクラギ 木 219,037本
並マクラギコンクリート 444,808本
橋マクラギ 20,902本
分岐マクラギ 45,133本

宇野線(岡山~宇野)

並マクラギ 木 46,787本
並マクラギ コンクリート 45,407本
橋マクラギ 2,124本
分岐マクラギ 6,880本

いろいろな資料を見たが、「枕木」ではなく「マクラギ」と掲載されていることが多かった。

ちなみに、一般的な並マクラギの大きさは2100(長さ)×200(幅)×140(高さ) mm程度、幅広の橋マクラギは2700×200×200mmくらい。
最も大きい橋マクラギは3000×200×230mmのとものある。
ヒバやヒノキのほか輸入材も多く使われている。

防腐剤としてクレオソートなどが使われていたが、現在では樹脂の注入が多いのではなかろうか。