1/48ミリタリミニチュアシリーズ いろいろと・・

誕生日に子供からのプレゼント。
今年は自分で選んで買ってもらった。

最近は組み立てても飾るスペースがなさそうなことから、小さなスケールのものに目が向くようになった。

先日1/48 ミリタリミニチュアシリーズを組み立てたときに気がついたのが、
・1/48スケールでもこのシリーズのものは細かな部分まできれいに再現されている。
・バリがほとんどない。
・ランナーからニッパで部品を切り出してもパーツの部分が折れるようなことがない。
など、結構良い印象ばかり。

ということで、ひとまずドイツ軍の製品をメインに..買ってもらった。

No.2 ケッテンクラート牽引セット(インファントリーカート・ゴリアテ付き)
メーカー価格 ¥1,000
ケッテンクラート牽引セット
小型のハーフトラック型の多用途牽引車。
1/48スケールの中でも小さい部類。

それゆえに、3色迷彩塗装がうまくできるかが肝になりそうな感じ。

ドライバーの人形がついていた。

No.6 Pkw.K2s シュビムワーゲン 166型
メーカー価格 ¥1,000
Pkw.K2s シュピムワーゲン 166型
水陸両用車。
これも小さいもので、全長は82mm。

こちらは車両のみで人形はなし。

そういえば、前回初めて作った1/48スケールのマーダーIIIでは人形の頭部をなくしたため、まだ一度も1/48の人形の色を塗ったことがない。

はたしてどんな感じになるのだろうか。

No.31 フォルクスゲン タイプ82E スタッフカー
メーカー価格 ¥1,000
フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー
ビートル。
オフロードタイヤをはき、地上最低高を高めているようだ。

これまた、全長85mmと小ぶり。

ドアまわりに墨入れがちゃんとできるのだろうか。
それとも、そのままの方がよいのだろうか。

No.49 ドイツ大型軍乗用車 シュタイヤー1500A/01
メーカー価格 ¥1,800
ドイツ大型軍乗用車 シュタイヤー1500A/01
全長は108mmと、ワーゲンよりは3センチほど大きめ。
タイヤも1/32スケールの乗用車より大きそうだ。

重さがグッとくるようにダイキャスト製のシャーシになっていた。

塗色は迷彩塗装やジャーマングレー、北アフリカ戦線でのダークイエローのものがあったようだ。

フムフム、それぞれプラモデルごとに色を変えるか、色を同じにして、並べて飾った時に統一感がでるようにするか。

はたまた、もうひと組買って別の色を塗るか。
まぁ、出来がよければ別のを買っても良いけど、出来が悪い同じものをいくつも並べてもなぁ。

No.64 ドイツ・ハノマーク装甲兵員輸送車D型
シュッツェンパンツァー
メーカー価格 ¥1,800
ドイツ ハノマーク シュッツェンパンツァー
全長128mm。
こちらのパッケージには冬季迷彩で仕上げられた写真が。

何々、「防寒服姿の指揮官と兵士の人形付」。
と、いうことは人形を有効に使うなら北アフリカ戦線のダークイエローはないということか。

前回、マーダーIIIを作ったときの雪のテクスチャペイントがまだあるから、これも雪の中においても良いかも。
..作る時までに雪のテクスチャペイントが使用不能になっていなければであるが。

No.65 日本海軍 コマツ G40 ブルドーザー
メーカー価格 ¥1,300
日本海軍 コマツ G40 ブルドーザー
こういう働く車系が好き。
全長75mmというこれまたコンパクトなサイズ。

戦車などの大型のものより、コンパクトなサイズのものを中心に揃えた。

さて、飾る場所がない状態をなんとかしなくては作りたくても作れない状態にある現状をどうするか。

それまでは、飾り方を考えて同じ色にするか別の色にするかなど考えてよっと。