Nゲージレイアウト用制御盤 (その7) ポイントマシン制御盤部

ポイント制御盤部

外見が出来上がってきてすっかり満足し、その先に一向に進めなかったが、ぼちぼちと。

レイアウト製作に着手できる時期がちょっと不明。
なもので、実際にレイアウトの台枠を作るときに今の構想とは多少異なるかも・・ということでレイアウト用制御盤はレイアウト本体と分離して作り始めている。
 
分離して作ることによって問題となるのは制御盤とレイアウト上のポイントマシンなどの配線。
制御盤とレイアウトの配線が相当多く、複雑になりそう。
また、この制御盤は本物のように発点と着点を指定するとその経路上のポイントを必要な方向に転換するという感じで作り始めている。
PICマイコンで制御するのであるが、バグがあれば当然ポイントは切り替わらない。
すると、列車も走らすことかできない。
 
Nゲージの走行を楽しむためのレイアウトなのか、PICマイコンでポイントが切り替わるのを楽しむためのレイアウトなのか分からなくなる・・・
まぁ、どっちでもいいかな?
 
発着点から経路上のポイントに転換の指示する制御盤部とレイアウトの台枠部分に組み込んでポイントマシンを実際に制御する部分に分けた構成。
 
制御盤部のPICマイコンとポイントマシンを制御するPICマイコンはI2C通信。
制御盤部のPICマイコンをマスタとし、レイアウトのポイントマシン制御部の複数のPICマイコンはそれぞれスレーブとすることで制御盤部とポイントマシン制御部の配線はかなり減らせるはず。

 

ポイント制御盤部
制御盤部の内側。
ひとまず、ターンテーブル操作用の配線を。
制御盤のベース部分に配線を集約していくつもりなのだが・・

このあと、テコ用のロータリースイッチの配線やら、LED用の配線やら・・
ウ~ム、故障時にわけ分からなくなりそう。
それ以前に作成途中でもわけ分からなくなりそう。
 
全部の配線を制御盤のベース部分に集約する前に、一旦この上の部分だけで完結させてLEDの点灯試験やテスターでスイッチがどうなっているかを判定できるように中継用の端子台を作ったほうが良さそう。

ポイント制御盤部
こちらは、レイアウトの台枠部分に組み込むポイントマシンの制御部。
 

18個のポイントマシンはレイアウトの左右に分かれて配置される予定なので、制御部も2つ作ることにした。

ひとまず、これまで作ってきたMP3やらWAVファイルを再生するPICマイコンを組み込んだ。
機関区を作る予定の側のPICマイコンではドンキーポンプやら汽笛の音を再生、反対側は駅のアナウンスやら雑踏の音やらを再生。
 
音源も準備ができて、組み込み完了。
・・スイッチの切り替えたり押すボタンによっていろいろな音の再生ができるのであるが、実際に操作するとどのボタンがどの音かすぐに忘れる。
一覧表でも作って近くに置いとかなくちゃ・・
 
 

ポイントの制御もPICマイコン。
PICマイコンは1つのポイントに対して1つ。

ポイント制御盤部
パーツのレイアウトを検討中。
安い基盤を使ったら、ソリのひどいこと、ひどいこと。
このままハンダ付けして、台にネジ止めするときに真っ直ぐ伸ばすだけで断線は必至。

細い木の棒などをネジ止めして矯正じゃ。
 
本来は進路を構成する制御盤部のPICマイコンの指示によってポイントマシンを制御するのであるが、バグやトラブルなどで進路が指定できなくなると列車が走行できないレイアウトとなる。
 
そこで、レイアウトの台枠部分に配置するこの基盤上にポイント切り替え用のタクトスイッチを置くことにした。
それぞれのPICマイコンに対して定位に切り替えるタクトスイッチ1個、反位に切り替えるタクトスイッチ1個。また、今どちらに開通しているのかはポイントマシンに付けたマイクロスイッチによって調べるのだが、ちゃんと検知できてるかがすぐ分かるようにLEDを点灯させることにした。