ニュートラルスイッチ注文

CB750のニュートラルスイッチを注文した。
 
もとのニュートラルスイッチはどうやって外すのか聞いてみたが、簡単に外れるらしい。
 
やはり、パーツリストにあるスイッチストッパが押さえるようになってるみたい。
しかし、私のバイクの場合、スイッチ周辺の汚れから推測するに、かなり以前からなくなっているみたいだ。
固形化して堆積した油が接着剤の役割をしてたのか!?
 
ところが肝心のスイッチストッパはメーカー欠品のようである。
 
とりあえず、1~2mm厚の鉄板で作ってみよう。
スイッチ中心の電極と接しないようにすりゃ大丈夫・・だろう。
 
ちなみに、ニュートラルスイッチあたりからもオイル漏れが発生することもあると言うけど・・
そのうち固形化して堆積すりゃぁ大丈夫!?

ニュートラルスイッチが・・・

CB750のメンテナンスはもともとメインハーネスの交換が目的。
車体後部はほぼ接続もできているし、前部はヘッドライトケースの中にハーネスの端を納めて後は接続すればよし。
 
エンジン周りはジェネレータやオイルランプ、ニュートラルスイッチなどの結線があるので、今日はここをつなごう。
 
と思ってたら、本日のあら!?が発生。
 
エンジンの左底面にあるニュートラルスイッチに結線しようとして古い配線を止めているネジを緩めているときである。
結構固くてなかなか緩まない。そこでネジがなめないようにドライバを押しつけてオリャ~と力をこめるとやっとこさ緩んだ。
で、ネジを緩めて配線を外そうとしたが線がとれない。ネジは回るのだが・・
あら!?そのうち、スプリングとボールが出てきた。
こんな仕組みなのか!と感心してる場合じゃない・・ちょっとちがうんでないかい?
 
パーツリストやら雑誌を調べてみると、どこか違う。
このスプリングやらボールはニュートラルスイッチのケースの中にあるもののようだ。しかも、ネジの部分を綺麗に拭くとボロボロとネジ山らしきものが崩れてくるし・・
スイッチの接点があるためベークライトのようなもので作られた台座か?
 
それにしても、ウ~ム、恐るべし、経年劣化!!
 
 
と、ここでも感心している場合じゃない、ヒェ~、ニュートラルスイッチが壊れた・・
しかも、ニュトラルスイッチの本体はエンジンに残ったままだし。
 
このスイッチはエンジンの底部からエンジン内部に押し込まれるようにくっついている。
パーツリストには押さえるようなパーツがついているが、ワシのバイクにはそんな部品なかったぞ?
 
ニュートラルスイッチとエンジンはツライチ。どうやって抜くんじゃ?
 
また、難題がでてきてしまった。



キャブ、フロント周り 仮組

メンテナンス中のCB750、本日はキャブの取り付けとフロント周りの仮組をした。
 
キャブ周りではインシュレータを交換。
バラした時はすっかり硬化していたためなかなか取り外せなくてカッターで半分に切って取り外したのであるが、さすがに新品は弾力があっていい。
CB750 エンジン
ちなみに、インシュレータのバンドは昨年新品に交換したものである。ただし、純正パーツを取り寄せても昔の地肌のままのシルバーのバンドは出てこないで、黒色に塗装された物がでてくるガッカリの一品である。
 
続いてフロント周り。
前輪を入れる前にブレーキラインを組み立てようと思い、ハンドル、ブレーキレバーをつけてヘッドライトケースを取り付けた。
バイクリフトの上のCB750
 
ハンドルが付いたところでメーターも仮組して様子をみた。
CB750 ハンドル周り
 
やっとバイクらしくなってきたかな。

めざせ利根川

今日は暖かくていい天気。
 
よし、今年初めてのカタナ号出動。利根川の川沿いにでも行ってみよう。
 
道路はそれほど混んでいない。
と思ったのもつかの間、すぐに渋滞にはまってしまう。
 
とりあえず枝道にそれてしばらく行くとまた渋滞。
なもんで、また枝道にそれる。そんなこんなで1時間半。進んだ距離はわずか20km..ウ~ム
 
幹線道路は比較的すいているみたいだけど..なぜか迂回した道が混んでるようだ
(x_x)
 
そうこうしているうちに農道に入り込んで..いつのにやら帰路についていた。
 
結局利根川は全く見ずじまい。
ア~ア、土手に座り込んで川でも見ながらのんびり一服と思っていたのだが。
一休み
..田圃の中で一服になってしまった。
 
ちなみにカタナ号は埃だらけなのであるが、写真では..やっぱマフラーのところなど目立つなぁ。
SUZUKI GSX1100S KATANA
SUZUKI GSX1100S KATANA

1 2 3 4