老後の趣味

XJR1300 9回目の車検

XJR1300 9回目の車検

購入したのが1998年11年、なんと18年目になってしまった!!
 
数年前10年を越えたのでボチボチ買い換えたいけど、欲しい!買いたい!と思うバイクがないなぁと思っていた頃、なんと50歳ちょっとにしてまさかの急性心筋梗塞。
最終的に血管を拡げるステント5本入りの冠動脈となってしまった。_| ̄|○ ガクッ
あと2箇所も中程度の狭さく箇所があるらしい。_| ̄|○ ガクッ
 
血液をサラサラにする薬が一生手放せないようだが、細いステントもあるようで量も多め。
昔なら唾つけときゃ治るくらいの傷でもいつまでも血がタラタラと止まらない。
一時期に比べ、少し薬の量も減ったのだがそれでも血は止まらない。
 

バイクで転倒してひどい擦り傷でもできたら血が止まらないんじゃないんだろうか・・
夏場でもちゃんとしたウェアを着て肌を露出したまま乗ってはいないが、何が元で怪我するかわからない。
車と違って生身の体が高速で移動してるんだから怪我のリスクは車より高いだろう。
 
ということで、たま~に近場をウロつくくらいしか乗らなくなった。
 
老後はハーレーで気ままにツーリングなんて思っていた時期もあったが、もう無理みたい。
 
なもんで、XJR1300、W400が動く間は乗り続ける・・というより持ち続けるかも。
ただ、最近の機械ものはなかなか壊れない。
18年たっていても特に気にならない。
アタイの体の方が還暦までもつかどうか・・
 
 
XJR1300 9回目の車検

まぁ、持ち続けるなら車検を通しておかないと。

 
費用

OCR用紙代 ¥20
検査登録印紙代 ¥400
審査証紙代 ¥1,300
重量税 ¥5,000  
自賠責 ¥13,640  
整備   家にありあわせの油脂類のみ。
合計 ¥19,960  

 
 

目が・・

元々近視。
50歳の声を聞くか聞かないかの頃、眼鏡をしていると手元のものが見にくくなってきた。
眼鏡を外すと手元のものは問題なく見えるのだが、眼鏡をかけたり外したりがわずらわしい。
紐で外した眼鏡をぶら下げたりした頃もあったが、これも耳元がわずらわしい。
 
歳をとったら手元の物が見えなくなって虫眼鏡のお世話になるんだろうか・・
人それぞれでいろんなパターンがあるんだろうけど。
 
ただ、見えにくくなるのは間違いないだろうという思いもあって細かいものは少しでもこなしておいた方がいいのかと思うようになった。
LQFP-48版 VS1911E
0.5mmピッチのICのハンダ付け。
ブリッジのチェックはさすがにルーペを使った。作業後の静的なチェックならデジカメ利用も有効。

 
老後作ろうとしてストックし続けているプラモデルやNゲージのレイアウト用部品。
それらにLED類で明かりをつけようと0.3mm~0.5mmの光ファイバーも購入済み。
LEDも0.8mm×1.6mmなどの小さいものも買い揃えている。
踏切警報機の侵入方向を示すLED用として1.0mm×0.6mmのものもストックしてある。
 
Nゲージレイアウト用交通信号機
0.2mmのポリウレタン線をハンダ付けしたり、それらをまとめて1mm径のパイプに通したり。

 
ただ、実際に歳を重ねていくと想像以上に目の焦点が合わなくなってきた・・
 
乳歯も1本残っていたのだが、さすがに53歳になったとき歯茎から浮いてきたので抜いた。
最近、別の歯が1本おかしくなりそうかなという気配。
 
 
ウ~ム、歳をとると目に来る、歯に来る、××に来ると聞いてはいたが・・・
まさか自分にも来るとは・・
 
他にもなかなか治らない関節痛とか・・
これが老いというものか・・というイヤな実感が。
 
「老後」。
字からすると老いた後・・
現在老いというものがジワジワと進行中なんだろうが、結構ショックはある。
その老いの後に来るのが「老後」というものか。お~~。
 
 
還暦とか年金受給開始というものを分岐点にして気持ち的には老後というものに突入するんだろうか。
まぁ、老い方は人それぞれ。気持ちの持ち方も人それぞれ。
 
とはいえ、老後の趣味としていろいろと細かな作業のあるものも準備してきたのだが、やる気があっても体がついてこないという現実が見え始めた今日この頃。
 
恐るべしは「老い」。

 
 
年老いて目や手先、手元がおぼつかなくなっても生きていりゃなんとか趣味は楽しめるかも。
心筋梗塞でも運が良けりゃ助かる。(2度目は無いかもしれないが。)
 
 
運が悪けりゃ・・
まぁ、「老後の趣味」「老後の楽しみ」なんて、歳をとる前から考えていても実際に歳をとると思い通りにはいかんというところ、今を楽しんだ方がいいんですかねぇ。(by キリギリス!?)

波の板

ポリカーボネート板

ウォーターラインシリーズなどのプラモデルを飾るベースとして海面の波を表現した板やらぺらぺらに見えるシートが売られているのを見たことがある。

海面シートとか呼ばれていたり、なみいたくんという商品名のものがあったり。
 
3~40センチ四方で実売数百円程度のものから1,000円程度のものまで何点かある模様。
 
浴室などのドアに使われているポリカーボネート板を使っている人もいるようだ。
 
ネットで検索して画像も見られるが実際に見てみないと凹凸のスケール感が湧かない。
我が家の浴室の板はちょうどよさそうな凹凸加減だが、まさか外して模型に使うわけにもいくまい!?
 
小遣いがあるうちに買っておこうかなと思い現物がおいてあるホームセンターを探して見に行き、ちょうど良さそうなものがあったので買ってきた。
 

ポリカーボネート板
両面耐候となっている。
要は両面ともにUV コーティングなどで耐候性をアップしているものらしいが、プラモデルの台としては・・別に関係ない。
 

サイズは2,420mm×300mmで厚みは3mm。
かすみと呼ばれるものでエンボス加工がしてあり曇りガラスのよう。
片面に凹凸があり波に見える。裏面はフラットだった。
 
ちなみに、我が家の浴室ドアのポリカ板は両面ともに凹凸があった。
 
幅300mmは模型を飾るには手ごろなサイズ。
だが、長さ2,420mmは車に入らないので持って帰れない。
100円也を支払って2つに切ってもらった。
値段は5,000円ちょっと。
(5千4~500だったと思うのだが少し前に買ったので記憶があやふや(^^;)
 
サイズ的にはちょうど300mm×400mmの製品を6枚買った勘定。
1枚あたり900円くらいとなる。
 
妥当といえば妥当。
6個も飾り台を作るのかと言われれば・・不要かも。
 
でも、ウォーターラインシリーズのプラモデルもかなりストックしているので必要と言えば必要。
 
まぁ、ハッキリ言えば「おもちゃの台に5,000円も金かけてどうするの」という後ろめたい気持ちがある時の自分へのいい訳モード突入ですが。
 
1つずつ買うより一度に買うほうが手間も省けて・・・まだまだ言い訳・・
 
ポリカーボネート板
現在、300mm×1,210mm×2枚の状態。
 
写真を撮っている私の影が2つ。
お~、恐ろしい・・

ポリカーボネート板
表面はこんな感じ。
 
と、いいつつこんな写真じゃ凹凸のスケール感は湧かないと思いますが。

かすみ仕様の板といってもやはり数多くある模様。
ネット上の写真だけで感じをつかむのは難しいところ。
 
飾るプラモデルのスケールと相談しながら実物を見て決める必要がありそうです。

プラモデルの名板

プラモデルの名板

このプラモデル・・なんだっけ?
ということは今のところないのだが・・

老後の楽しみにプラモデルを、ということで集めているプラモデルだが、意図的に複数買ったものもあるが、家に帰ってみたら押入れにあったということもしばしば。
 
備忘録を兼ねたホームページのストック一覧にパッケージの写真を撮って載せてきた。
 
このパッケージの写真はいずれ名板としてプラモデルの前に立てて・・
「このプラモデルは云々~」と家族に話しても、「へ~」で終わるだけだが。
もしかしたら「へ~」という返事もないかも知れない。
 
 
写真も結構たまってきたので、ここらで名板を作っておくことにした。
 
 
1/6サイズの模型など大きなもの用としては名刺サイズの用紙に印刷、それより小さいサイズのもの用としては50mmくらいの幅に統一して印刷することにした。
・・全部名刺サイズの用紙にすると小さいスケールのものなんかはプラモデルと同じくらいの名板となってどっちがメインだか分からなくなるし・・

 
 
大きな模型用の名板
名刺サイズの用紙に印刷し、よくいろんなお店でみかけるようなアクリルのプライスカード立てに入れてみようと思った。
 
近所の100均で探してみたがなかった。
ネットで探したところ、1個400~500円くらいしていた。
ほぉ~、結構いいお値段しますなぁ。
手持ちの1/6スケールのバイクだけでも10個は超えているので数千円になってしまう。
(@_@;
 

スタンド
こんな感じの足をつけてスタンド風もいいかなぁと思ったが、意外に部品代が高くつく。
全部これにするとバイクの名板だけでも何千円かにはなってしまいそう。

 
自分で作ろう・・
ということで、アクリルを曲げただけのベーシックなプライスカード立てを作ることにした。
 
 
アクリル曲げヒーターも市販のものは定価で7,000円、実売価格は5,500円程度。
その隣に並んでいる電圧を調整する調光器は2,500円くらい。
 
ウ~ム、何するにしても金がかかるのね。
アクリル曲げヒーター
自作している人も多そうなので自作した

さあ、アクリル曲げヒーターもできたのでぼちぼちアクリルをカットして曲げようと思っていた頃、フッと立ち寄った100均で・・見てしまった・・
折りたたみ式カードスタンド
カードスタンド
 
2枚入り税別100円。
1枚当たり50円。

アクリル板をカットして作ってもおそらく単価はそんなもんだろうか。
 
在庫があった4個を買い占め。
またしばらくしたら買いに行ってみよう。
 
で、自作したアクリルヒーター・・・・まだ未使用。
 
誰しもが考えるであろうタオルかけへの転用もしないまま、その辺に積んどけ状態。

 

名刺サイズの用紙よりもう一回り大きいものが入れられるようだが、手持ちの名刺用紙の処分を兼ねて印刷開始。
名刺サイズの名板

名刺サイズの名板
1/6サイズのバイクのプラモデルなど大きめの模型の名版として、こんな感じで出来上がり。

小さめの模型用の名板
一方、小さめのサイズの模型の名版としては幅を50mmに統一して光沢のフィルムシートに印刷した。

シール用紙に印刷
フィルムシートは裏面に糊があって接着できるタイプ。

エンビ板
フィルムシートを貼り付けるベースとして厚さ0.5mmの塩ビシートを利用した。

アングルをガイドにして折り曲げ
アルミのアングルを利用して底部をL字に折り曲げ。

プラモデル名板
左が名刺サイズの大型模型用名板。
角度はある程度自由に決められる。
 
右が幅50mmのフツーの模型用名板。
角度は・・グイッと力で折り曲げる・・

1/6サイズ プラモデル名板
1/6 タミヤ オートバイシリーズ
ホンダCB750F・・と名板

1/12サイズ プラモデル名板
1/12 タミヤ オートバイシリーズ
ホンダCB750F・・と名板

プラモデルの名板
並べるとこんな感じ。
 
いや~、(自己)満足、満足。

 
後は残りを量産じゃ。
 
・・プラモデルより先に名板を作ってもしょうがないってか!?

誕生日プレゼント

誕生日プレゼント

子供から誕生日プレゼントをもらうようになってから、数年が経つ。
今年こそは辞退・・と思いつつ、またもらってしまった(^^;

でも、今年こそはちっちゃいものを一つだけでいいと言ったのだが、まぁいいからと押し切られて?結局5つも買ってもらった・・
大きいのを1個買ってもらった方が安かったみたい。
誕生日プレゼント
ちなみに、今年はトラックが欲しかったのだが、アオシマのものは7~8,000円。
フジミの安いのがあったので、それで一つでいいと言ったのだが・・2つ買ってもらった。

船の方は、現在ウォーターラインシリーズの空母をストックしていっているのだが、備忘録代わりのこのホームページも更新がおろそかで、ダンボールの中を覗かないと何をストックしてるのか忘れてる始末。

せっかく買ってくれるのならまだストックを始めていない戦艦を・・

いよいよ戦艦の収集がスタートをきりました。

もう、すっかり子供に迷惑をかけるようになって・・!?

プラモデルの飾り台(その2)

シリコンゴムで型取りし、石膏で量産したプラモデルの飾り台。
(製作記事は「プラモデルの飾り台」のページ。)

何個か飾り台として使用しているが、模型を作る都度これも色塗りするのは面倒ということで、幾つかまとめて仕上げていた。

 

ベースはトールペイントなどに使われるような木製のものから型をとって作ったのだが、これは、よくチーク、マホガニーなどのような色の二スなどで仕上げられているのを見かける。

 

いろんな色に塗ったブラモ飾り台
プラモデルのベースとしては、いろんな色があってもいいじゃないかと、シルバーやブラックで仕上げてみた。

そんでもって、実際に車のプラモデルなどを載せてみたが、ちょっとミスマッチなものが多いと感じた。

やっぱ、オーソドックスなものが良さそうだ。
ちなみにこれらはラッカー系のスプレーで仕上げた。

石膏製の台の上面はシリコンに接していたのでツルツル。下の面はヤスリで仕上げたのでガサガサ。
ヤスリで仕上げた下面にスプレーを吹きかけるといくらでも浸み込んで、ほとんど色がつかない。
一方ツルツルの上面はある程度色はのるものの場所によっては下面同様浸み込んで色がつかない部分がある。

そこで、木工用ボンドを水に溶かしたものを塗った上から塗装することにした。
これで、大きく浸み込むこともなくスプレーの色はのるようになった。

ただし、あまりボンドの水溶液を塗り重ねすぎると今度はそれ自体がペロンと剥がれることがあった。

 

ニスで仕上げるにしても、薄めの色から濃い目の色のニスまでまさに色とりどり。
最終的には好みだろうけど、下に敷くベースとしては濃いめの方が見た目にも安定感があっていいので濃いめのもので量産することにした。

ただ、濃いめのニスでも石膏自体に塗りつけると中々濃い目の色にはならない。

ブラモ飾り台塗装
そこで、一旦下地としてボンドの水溶液を塗って、その上からラッカー系のスプレーで色付け。
今回はライト・カーキ。

ブラモ飾り台、ニスで上塗り
下地が乾いたところでニスで色付け。

 

ブラモ飾り台 ニスで表面処理
・・こんな感じで出来上がり。

ストロボで写真を撮ると色むらがぴちっと筋のように見えるが、肉眼で見ると・・

ちゃんと筋が・・いやいや、さほど目立たなく濃淡があるように見えてます。

やっぱ、色が均一に塗られた既製品という感じより、手作りッぽく。
そして、木で作ったこんな台は下地の木目が見えてるけど、石膏ベースでは単調なのでアクセントにもなっていい仕上がりと思ってるんだけど。

まぁ、見る人の感じ方次第ですわ。

 

ある程度数ができたので、ミリタリーものを載せるのに少し変化があるベースがあればいいなと思い、土のような感じのものも作ってみようかなと思った。
ジオラマとして作るならそれなりの手法があるのだろうけど、簡易な台をちょっと量産してみたい。

 

ベースの上に土のように見えるものを・・
ティーバッグを乾燥させたものを振り蒔くことにした。
紅茶で土を表現
使い終わった紅茶のティーバッグは食器棚のニオイ消しに良いとおかーちゃんがどこかで聞いてきたようで、結構いっぱい食器棚に置いてあった。

時間も経っており、カラカラに乾燥済。

ブラモ飾り台に土を表現
ボンドの水溶液で貼りつけた。

本当は、最上部の面に回りは一律1cm程度の隙間をもって、その内側だけに土の部分を表現するつもりだが、今回は台枠ぎりぎりの大きさの車のプラモデルが幾つかあったので、ひとまずそれを置く用に上面いっぱいに撒いてみた。

問題は目の粗さ。結構目は粗い。

ちなみに、我が家の紅茶は現在リプトン。
日東だとどうなんだろう。これは冗談を抜きにして確認してみたくなる。

上に載っける模型のスケールにもよるけど、この紅茶の葉だと1/35スケールのものでもちょっと粗く感じそう。

もう一つの問題は色。暗すぎる。

スプレーで着色してみたが、一粒ずつ上面には色がつくが、下の方には色が回らない。
筆でプラモデル用の塗料・Mr.カラーをポンポンと置くようにしてみたが、ベースに塗ったニスの色が濃いため紅茶の葉に隙間があれば中々その色が隠せない。
横から見ると塗れてないところがいっぱいある。

また、Mr.カラーの溶剤は下地のニスを侵すので、時間をかけていつまでもポンポンとやっていると下地がシワになってくる。

 

じゃ、台にバラ撒く前に着色できないかと思ったが、濃い色の粒を薄く仕上げたいので隠蔽性の高いものが必要になる。
Mr.カラーなどは使えそうと思えるが、紅茶の葉を一旦何かの上にバラ撒いて塗料を塗ってもくっついてしまって、それを台の上にバラ撒けるほど細かい粒に戻すのは無理っぽい。

 

難問が多そう。

 

そんな、こんなを試していると失敗作も出てくる。
石膏に塗る下地用のボンドの水溶液を大量に作ろうとすると、結構溶けない塊の部分がでてくる。
じゃ、最初にボンドの代わりにニスを塗ってスプレーを吹いたらどうか。

 

ニスを塗ったあと、水性のスプレーで試してみるつもりが・・
・・ラッカー系のスプレーを吹いたものだから、下地のニスがシワだらけ。アチャ~

天と底の部分はヤスリで平らに直せたが、サイドの部分にある段差やRの部分はどうしようもない。

 

そんなとき、なんとかしなけりゃ思っていた干からびつつあるタミヤのターフの情景テクスチャーペイントがあるのを思い出した。

台を沼地にして1/35スケールのジープと1/48スケールの装甲車のプラモデルを置こう。
って、プラモデルを買ってきた。
ウ~ム、なぜ先にプラモデルを買うのか・・考え方が根本的に間違ってる気もするが、買ってきたものはしょうがない(^^;

飾り台・沼地
シワがよったサイドの部分も含めてざっと全体を紅茶の葉とテクスチャーペイントでコーティング。

結構汚らしい沼地のように見えなくもない・・か?
詳細な仕上げはプラモデルを置いてから作ることにした。

 

ティーバッグの紅茶の葉の目が粗いのなら、コーヒーはどうか?

ドリップが終わったコーヒーを何日か乾かして紅茶と比べてみた。
土ベース・紅茶/コーヒー
左がコーヒー豆、右が紅茶の葉。

コーヒーの方が色が濃く、目も粗かった。

ただし、コーヒーの方こそ豆の炒り方や挽き方で色と目の粗さは自由自在。

・・・いや、ちょっと待て。
模型の台の上の土を表現するための材料に使用するためにいろんなコーヒーを試すんだったら、最初から模型用の材料を買えば良いんだ(^^;
忘れるとこだった・・

ただ、このコーヒー豆と紅茶の葉。
Nゲージのレイアウトを作るとき、目が粗すぎて道路などには使用できそうもないが、山の地肌に使用するにはいいかも知れない。
発砲スチロールの山に色を塗って木を植えるなら、ちょっと手間はかかるが発砲スチロールの上にばら撒くだけでも雰囲気は変わりそう。
捨てるものだからタダ、それに大量に用意できる。
高価な市販のものをちょこっと貼りつけるより、良さそうだ。

ボンドの水溶液に浸して絵具で色を付けなおし、そのまま筆で塗れば良さそうだし。

1 2 3 11