PAGE TOP

RCトラック用セミトレーラーの組み立て・・その18

コンテナ テールゲート

タミヤの1/14 トレーラートラック用「日本郵船 40フィートコンテナ セミトレーラー」の製作(組み立て)。
組み立て説明書にある工程は全部で33工程。

今回は「30 (無題)」、「31 (無題)」。


工程30 「(無題)」

コンテナ 工程31 組み立て図 組み立て図の工程に名前はつけられていないが、ここではコンテナのフロントパネルを組み立てる。


コンテナ フロントパネルパーツ パネルを取り囲むフレーム(アッパーフレーム、ロワフレーム、左右のポールフレーム)はアルミ製。

他のアルミパーツ類とともに無水エタノールで脱脂後、エアブラシでプライマーを吹いて、タミヤのスプレー(TS-15 ブルー)で塗装しておいた。


コンテナ フロントパネル組み立て 左右のポールフレームに樹脂製のステーをタッピングビスでネジ止め。

コンテナの内側になる部分は塗装しないとの指示があるので、このパーツも成形色の白のまま。


コンテナ フロントパネル パネルを取り囲むフレームの取り付けが完了した状態。


コンテナ フロントパネル 内側裏側:コンテナの内側はこんな感じ。


コンテナ フロントパネル組み立てたフロントパネルを四角に組み立ててあるコンテナに取り付ける。


コンテナ フロントパネル取り付けフロントパネルが取り付けられた状態。


工程31 「(無題)」

コンテナ 工程30 組み立て図 こちらも組み立て図の工程に名前はつけられていないが、ここではコンテナのテールゲートを組み立てる。


コンテナ テールゲートパーツテールゲートのパーツ。

ベースはプラ製のパーツ。

これにタミヤのスプレー(TS-15 ブルー)で塗装。


コンテナ テールゲートステッカー貼付指定された位置にステッカーを貼って、上から水性の半艶クリアのスプレーを吹いた。


コンテナ テールゲート(右) 右側のゲートのパーツ。

ゲートは開閉可能。

ゲートロッド(長い棒)は金属製で、これがコンテナのアッパーフレームとロアフレームに取り付けられたパーツに差し込まれてゲートがロックできるようになる。


コンテナ テールゲート(右) 片側のゲートに2本のゲートロッドがある。

この写真のゲートロッドは左がゲートがフリーの状態、右がゲートがロックされた状態。

上下のロッドの間にあるパーツを90°回転させることでフリーの状態とロックの状態を作ることができる。


このパーツの裏側にはゴム製のOリングを挟んだパーツが締め付けられており、この締め付け具合を調整することでパーツを回転させるときの重さが調整できる。

コンテナ テールゲート(左) こちらは左側のゲート。


コンテナ テールゲート(左)


コンテナ テールゲート左右のゲートを重ねるとこんな感じになる。


コンテナ テールゲート組み立てたテールゲートをコンテナ本体に取り付ける。


コンテナ テールゲートゲートを開くとこんな感じ。

外側を塗装するときに塗料が内側に回ると目立つのでうすめ液で奇麗にしておくのが吉。


これでコンテナの組み立ては完了。

なお、説明書には「コンテナに載せる荷物が重すぎると壊れる恐れがあります。」と書かれており、併せて3kgとも書かれている。

最大積載量 3kg

・・なに載せようか・・・

ゲートを開いて積載物が何かわかる模型的なもので3kg以下。
あまり奥に突っ込んで外から見えなくなってもねぇ。
使い勝手の悪い小物入れになってしまうし。

あまり思いつかない・・

 

「トレーラートラック用セミトレーラーの組み立て」次の記事(その19)
「トレーラートラック用セミトレーラーの組み立て」前の記事(その17)

 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト