GSX1100S 3号機 購入顛末記

最後のカタナ
1980年西ドイツ・ケルンモーターショーでデビューし、翌年市販を開始したカタナ。
その後、製造中止、アニバーサリーモデルの限定販売、追加製造、国内仕様の正式販売という形でスズキ社のラインナップに見え隠れしてきたカタナも、1999年東京モーターショーで最後のカタナ「ファイナルエディション」が発表された。

不満の大きかったフロントブレーキもやっと改善され、タイヤもチューブレス化された。大小あわせて、計25カ所にのぼる改良である。1100台限定発売で、トップブリッジには刀の文字をあつらえたエッチング板にシリアルナンバーが打刻されたプレートがつく。

そのカタナも3月27日発売ということで、年明けあたりから雑誌に予約受付の広告が掲載されるようになった。これに対して、現行のカタナ、1100SRの広告がめっきり減ってしまった。工場出荷も終わり、販売店が在庫を抱えているものしかなくなってきた模様である。

今後、全く発売はされないのか?
前回のアニバーサリーモデルのように、好評を受けて追加製造、再ラインナップということはないのか?
もちろん、ニーズがあればメーカーとしては再生産を考えることもあるだろう。
しかし、例え再生産されることがあってもエンジンは現在のものではなくなるのではないだろうか?
益々厳しくなる排ガス規制を20年前のエンジンが軽微な改良でクリアすることができるのであろうか?
と、すると再生産される時にはエンジンは油冷になるのか?

私の好みはあくまでフィンの造形が美しい、シルバーの空冷エンジンなのだ。 この歳になると、バイクにパワーや速さは求めていない。 ..少ししか (^^ゞ

眺めても満足感が得られるバイクが欲しいのだ。
 
だんだん、欲しくなる~
3月19日、カタナ2号機のリペアパーツとケミカル用品を買いにバイク屋さんに行く。

そこで、カタナファイナルエディションの話になる。 塗色に関しては実物を見ていないので判らないが、まあ、モーターショーの写真を見る限りは特に不満もない。現行のグレーに近いようなシルバーよりも見栄えがするかもしれない。

しかし、気になっているのが、エンジンの色。
なんで、黒なんじゃ~、しかも、なんでスターターモーターカバー、シグナルジェネレータカバーだけシルバーなんじゃ~。
もっとも、カタナ2号機は赤/銀塗装にしているが、本来の赤/銀ツートン塗装時代のカタナのエンジンは黒色だった。ただし、一部にアクセント?としてのシルバーがほんの少し見える以外は全部黒色だったが。
 
それに、なんでホイールが黒色なんじゃ~。たしかに、現行のホイールはくすみ易いのは知っている。それを防ぐために丁寧に塗装したという開発者談も聞くが..

なら、なんで今まで変更せずに最後のカタナで変更するんじゃ。
シルバー塗装でもいいじゃないか~、アルミ磨き出しでもいいじゃないか~。
他の改良点は大歓迎であるが、エンジンとホイールの黒色塗色、この2点が気になる。

百歩譲って、ホイールは我慢しても、エンジンの黒は譲れない。 というのも、黒色塗色のエンジンは数年経って塗膜の劣化や剥がれが出て来たときに気になってくるだろうと思っているのである。

もちろん、XJR1300はシルバーでもエンジンの地肌でなく塗装であることは承知している。...でも、塗膜の厚い黒は気になる。ミニSLも塗装の剥がれが出るので、再塗装もするし、バイクも自分でやって出来ないことはないのだが..

やはり、バイクを眺める時はシルバーエンジン!

本当に最後?のカタナの上、シリアルナンバー入りとなるとリセールバリューもよいであろうが、別に投機目的ではない。買い換えるならシルバーエンジンの現行SRモデルだ。
(って、後で後悔しないかな? 最近、後悔の連続だし!?)

買い換えるとなると今のカタナを下取りに出して..但し、今の赤/銀の外装類はそのまま残して..フルパワー化のパーツは..と、いろいろと考え始めてしまう悪い癖。
 
購入
バイク屋さんと相談した結果、今のカタナは結構な下取り価格で取ってもらえることになった。
ただし、SRの新車の在庫があればの話だが。

3月22日、バイク屋さんから入手できたとの連絡が入ったので、25日とりあえず、バイク屋さんに行くことにした。
バイク屋さんに到着するとそこには新車のGSX1100SRカタナが...

お~! しかし、なんでもう仕入れてきてんの?

バイクに跨ってハンドル周りに目をやればフロントホークのアジャスタ部が光っている..お~!
その他も新車の輝きじゃ~。 ピカピカじゃ~。 お~!

しかし、即契約はせず、2~3日考えさせてもらうことにした。
..フッと家族を悩ます事必至の計画が頭の中をよぎったのだった。
「今のカタナ下取りに出さず、買い増しにしちゃおう。そして、新車未登録の状態で保存しておこう」

ファイナルエディション実物と遭遇
4月1日、再びバイク屋さんに出かける。

バイク屋さんにはカタナファイナルエディションが入荷していた。3台も。 
これだけ並んでいると欲しくなるではないか!?

とりあえずフルパワー化パーツと今のカタナ2号機用のパーツ購入を含めて契約完了。

そしてなめ回すようにファイナルエディションを見学。注目のトップブリッジのシリアルナンバープレートは意外に小さい。

シリアルナンバー

塗色は適度な輝きで良い、それに一番良いのがサイドカバーのカタナのエンブレム(ステッカー)だ。
見る角度によって輝きが違ってみえる。ほ~!

エンブレム

問題のエンジンとホイールの黒色。...やはり、好みでなかった...

ともあれ、SRの新車が手に入った。バイクは乗る物であって飾りじゃないとも思う。
しかし、機械好き、模型好きな私としてはそれらが持っている機能美を眺めるのもいいじゃないかと思う。
いつの日か今のカタナと交代して街中を走る日が来るであろう。それまでは、フルパワー化を施され保存されることになる。

GSX1100S
GSX1100S
GSX1100S

GSX1100S 2号機 売却記

2006年9月

どうしても庭に場所を確保する必要が出てきたため、泣く泣く売却。やっぱ、狭い庭にバイク6台はチト窮屈。
保有期間は7年半。
そこそこの値段で売ることが出来たのだが..その販売店が売りだした価格も結構な値段ですなぁ。
カタナ人気はいまだ衰えず。やっぱ、売らなきゃよかったかなぁ。でも、場所がなぁ。

・・しかし、これを売りに出すとは自分自身でも驚きである。(でも、まだカタナ3号機が残っているから..)

GSX1100S 2号機 購入顛末記

1999年3月

永遠の恋人?「カタナ」
乗り易さ、所有感などトータルバランスではXJRは最高である。
しかし、カタナを手放して4ヶ月余り。その間にカタナにモデルチェンジや絶版の噂が流れてる。
カタナには常に絶版の噂がつきまとっているのだが、単なる噂としても気になる。

20年近くそのスタイルを崩さなかったカタナがモデルチェンジするとしたらどのようなものになるのだろう?また、パワーユニットは?
私ももう40歳。バリバリに走るマシンにはもう乗れない。そう、前傾姿勢のバイクは今が最終チャンスなのだ。

そんなことを考えながらスズキのショップを覗くと、250ccと400ccのカタナは製造中止、1100ccのカタナは継続販売されると店長が語る。もう、残された時間はない。いまの内に再びカタナに乗っておかなければという気持ちになる。 ..単なる買い物好きなだけか?(^^;

ただし、今回はXJRを手放す気にはなれない。1~2ヶ月置き場所を探し、結果、今のバイクの横に置くことで決着。
さあ、次はバイク探しだ。
赤/銀ツートン塗装のカタナを求めて
「カタナは銀にかぎる」という意見もある。個人的にもバイクは銀が好きで、先代のカタナが「銀」、XJRもすべて「銀」と銀ずくめ。ただ、今回は少し嗜好を変えて赤/銀にしてみようか..

カタナの場合、’94以降に発売された国内仕様のSRはすべて銀。となると’84以降から’92に発売された物しかない。’87年には一旦生産中止になってることから台数にも限りがある。

先日近くのバイク屋で見かけたものは非常に程度は良かったが、1週間後にはすでに売れていた。とりあえず、雑誌を見て赤/銀のカタナがある店に電話をしてみたがどこも売り切れ。(客寄せにすでに売却済みのバイクをいつまでも広告に出し続ける店もあるようなことも聞いた)
近所を回ってもない。ということで上野のバイク街に出かけてみた。結局1台見かけたが、程度の割に法外に高い (@_@;)。

また、上野の近くでもう1台発見!
ただ、フレームの塗装がすれて、いたるところ地肌がのぞいていた。ガソリンタンクの取り付けねじの所などにはひび割れが..86年式となるとこんなものか..

他にはカスタムしたものが何点か雑誌に載っていたが、やはりどんな人がどこまでいじったか気になるし、そのカスタムがバイクに似合ってるかどうかも疑問だ。やはり、フルノーマルが欲しい。
となるともう絶望。

 
フルパワーカタナを求めて
前回のカタナはキャブの調子がイマイチだった。ただ、不調の部分を差し引いてもお世辞にもパワフルなマシンとは言えない。国内仕様のカタナは輸出仕様から点火装置、ジェットニードル、エアクリーナーボックス、マフラーなどが変更され、パワーが落とされている。
そのせいか、2,500rpmから3,000rpmあたりにトルクの谷はあるし回転はバラつくし、常用域に大変不満が残る。

となれば、フルパワーのものが欲しい。フルパワーで程度がよいのは’90年のアニバーサリーモデル。
これも何点か雑誌に載っていたのでとりあえず1台実物を見に行くことに。

たしかに、この手のモデルはオーナーも大切に乗っているし、9年目ということで程度もまぁ納得か。
走行距離も少なく、2~3年乗って保存していたものらしい。保存していたことを裏付けるように、前後のタイヤにはヒビが..

価格は、税金まで入れて69万円、その他にタイヤの交換費用が必要だ。74~75万円というところか.. ウ~ム、新車で一番安い所は税込みで88万円くらい。いかにフルパワー、新車価格が120万円だったとはいえ、あと15万円出せば新車が買える。
私がプレミアムコレクターだったら購入したかも知れないが、結局、没ということに...( 内心は、プレミア品がほしい(^^ゞ )
 

国内新車か国内中古か
赤/銀カタナもフルパワーカタナも程度がいいもの、程度に見合う価格のものがない。
となると国内仕様のSRを選ばざるを得ない。ただ、1年もたたない内に再び新車を手にするのはどうも気が進まない。なにしろ、少し手を加えたくなるような性能のマシンなのだから..

そこで、これも雑誌で見かけたSRの中古の実物を見に行く。
平成9年7月登録、走行距離4300km強。車検が4ヶ月ほど残っている。
雨に打たれてフロントのブレーキディスクが錆びている。ただし、これは磨けば綺麗になるだろう。
タンクの上部には何か物を落としたらしい傷が。ちょっと気になると言えば気になる。
その他は綺麗なものだ。私の持っていたカタナ1号より程度がいいかもしれない。(^^;

こうしてみるとタンクの傷が本当に残念だ。
新車を購入したら初めてのキズ、初めてのサビを見るととてもショックだ。
カタナを新車で購入しても半年ほどでサビが出てくるのかと思うと、これは買いか。

とりあえず、新車か中古か一晩迷うことにする。

よし、決定! 今回は中古でいこう。
22日、購入すべく店に行く。
と、カタナの周りに2人の人が..オ~..
どうも帰るところだったらしいが、店の人に聞くと、家人に相談してくると言って帰っていったそうだ。
危ない危ない。

早速、手付け金を払っとくことに。あ~、これで私のものだ。
 

赤/銀塗装化計画
タンクのキズが気になる。これは再塗装しかない(^^ゞ
新車ならこんなことは考えられないが、中古だと思うと気が楽かも知れない。

カウルは先代カタナの時、立ちゴケして壊したものを埋め込みウィンカーにしたものを持っている。
それを塗装しよう。あとは、シートを探して張り替えれば赤/銀カタナの誕生だ。ただ、先立つものがない。もうちょっと我慢しよう。

... 我慢するつもりだったが、翌月には塗装してしまった..

フルパワー化計画
デジタル点火をガバナー式点火装置にするユニットが6万5千円で発売されている。これは必須だ。
なにしろ、トルクの谷、回転のばらつきを解消せねば。ただこれも先立つものがない。
とりあえず、ニードルのクリップ位置を一段下げて、ガスを濃くすることも有効であると聞いていたため、納車整備の時にやってもらうようたのんでおいた。

あとは、マフラー。もう、市販マフラーに変えて乗るような歳ではないし、フルノーマルのスタイルも気に入っている。フルパワー車の純正マフラーを手に入れたいものだ。
ただし、逆車の新品マフラーは、車検証がなければ購入することができないし、10万円くらいかかってしまう。なんとか中古でもさがしてみよう。

... 我慢するつもりだったが、翌月にはフルパワー化してしまった..

今度は少し調子の悪いところは自分で直して長く乗って行かなくちゃ...
 
GSX1100S

GSX1100S

GSX1100S 1号機 売却記

1998年11月

念願のカタナを手に入れたもののどうも違う。
2,500rpmくらいでの息継ぎ、4,000rpmからのすごい振動と回転の伸び悩み。こりゃダメダと再びXJRに乗り換えを決意。
ただ、これらは国内仕様のデジタルイグナイタのせいと知ったのは売却した後のこと。
カタナ2号機でこれを取り替え、結構満足なものとなったのである。

手元にあったのはわずか、9ヶ月弱であった。
XJRが1300になった時、シルバーエンジンとなったが、カタナ1号機の不調の時期と重なったこともあり買い換えることになった要因であるとも言える。もっとも、XJR1200の乗り心地の良さも大きな魅力ではあったのだが。

XJR1200に継ぐ短命記録。

1 2