PAGE TOP

Nゲージ ターンテーブル・・機関庫の線路敷設

Nゲージ ターンテーブル・機関庫の線路敷設


ワールド工芸のディスプレー用転車台(ターンテーブル)をあわよくば可動式に、と目論んでいる。
Nゲージターンテーブル・・いざ回転」で回転/停止させることもできた。

続いて、正しい停止位置を決めていくには、機関庫の位置が決まっていないと・・ということで、今回は機関庫の線路の敷設。

 


ターンテーブルの周辺の線路は10°ずつに設置しようと思っている。
この場合、TOMIXの機関庫は使用できず、KATOのものになろうかと。

TOMIXの機関庫は4個持っているが、KATOのは1つも持っていない。
6個くらい必要になりそうだが、お小遣いが・・・
うん、やっぱ機関庫は後回し、ひとまず線路引いてから考えよう。

 

Nゲージ ターンテーブル・機関庫の線路敷設

って、言っても購入済の線路はTOMIXのばかり。
ターンテーブルがある機関庫の線路は「TOMIX Nゲージ ストレートレール S280 F 10本セット(1092)」を買ってある。

created by Rinker
トミーテック(TOMYTEC)
¥1,709 (2024/03/03 14:25:03時点 Amazon調べ-詳細)

まさかTOMIXの機関庫とターンテーブルを使用しなくなるとは考えてもいなかった。

KATOの機関庫にTOMIXのストレートレールははまるんじゃろか❓

なんとなくプラ板、厚紙なんかで機関庫を作らざるを得ないのかも・・と思い始めた。

ちなみに、Nゲージのフレキシブルレールは入手困難。
シノハラのを何本かキープしているが、これは本線用に取っておかなくちゃ。

ならば、KATOの道床付きレールを買ってもよいのだが、そうするとやっぱKATOの機関庫を買おうかなってなる。
財政難の現段階で3万円以上の出費は・・ムリ

ということで、機関庫のレールは元々買ってあるTOMIXの道床付きのものにした。

どうせ、実物はアスファルト/コンクリートなどでほぼ埋まっているのだから模型でもほぼ埋めてしまう。そこに貴重なフレキシブルレールは使えんわな。

 

Nゲージ ターンテーブル・機関庫の線路敷設

ピットの淵はベースの板から2mmほど上げてある。
ここに高さ調整のため、2mm厚のプラ板をセット。
レールの道床もプラ板部分を欠きとって。

 

Nゲージ ターンテーブル・機関庫の線路敷設

ビミョーな高さ調整は薄いプラ板をかませて。
全体はひとまず両面テープで固定。

 

Nゲージ ターンテーブル・機関庫の線路敷設

機関庫は18両分。
右に長く2本出ているのは給炭/給水用のストラクチャーを置く部分。

ここにはフレキシブルレールを奮発!!

その下にあるのが駅構内に通じる入出区線。

左下に1本伸びているのは・・なんとなく、アクセント。

まぁ、蒸気機関車展示用にでもするつもり。

 

Nゲージ ターンテーブル・機関庫の線路敷設

下側の12本の線路は・・なくても良いのだが、津山まなびの鉄道館でもこんな感じでぐるっと1周すべてに線路が配置されてたから、そりゃぁ、それでもいいのかなと思って。

 

Nゲージ ターンテーブル・機関庫の線路敷設完了

(写真上) ピットの淵の部分にプラ板を貼り付け、レールも瞬間接着剤で固定完了

この部分の上には踏板を表現したものを貼り付ける予定。
・・踏板を表現したもの・・考え中!!

 

 

ちなみに、これを固定式レイアウト上の機関区にしようとしている。 ・・つまり、これまで買ってきたTOMIXのターンテーブルやら機関庫は使用しない。
ん!? じゃ~どーするってんで、これらを使って機関区のジオラマを作ることにした。

元々はこんな機関区が作りたいと思って買い集めた物・・結果的にはほぼ同じような機関区が2個出来上がるのじゃが・・

芸がなさすぎ・・かも。

 

 


趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト