日本海軍戦艦 扶桑 1944 (アオシマ 1/700)

アオシマ 1/700 扶桑

1/700 ウォーターラインシリーズ №125
日本海軍戦艦 扶桑 1944 (リテイク)
 
株式会社 アオシマ文化教材社 ¥2,600 (税別)
2015年11月購入


 
2015年の誕生日に子供が買ってくれたプラモデルの一つ。
 
 
アオシマ 1/700 扶桑


日本戦艦 長門 1944 レイテ(リテイク)もそうだが、何をもってリテイクといってるのかイマイチわからん。
 
が、こちらの扶桑についてはアオシマのHPに、拡張された防空指揮所、13号電探室、単装機銃は新規パーツ、1/700スケールのPTボート付きとの記述があったと思う。
 
で、製品を購入して組み立て説明書を見たが・・シロートにはよくわからん・・
 
何しろ実物は見られないし、組み立て説明書にも「扶桑の機銃配置については、諸説あります。」という記述もあったりするわけで。
タミヤの大和も近年、「新たな考証で」といって作り直したりしてるし。
 
それ以上に問題なのはアタイは・・
・・13号電探室と言われてもなぁ・・
・・単装機銃って、どれのこと・・
というシロートですから。
 
艦船模型に限らず、とことん実物にこだわる人にはこだわっていただいて、アタイのような安楽コレクターのような者は持っているという満足感を大事にして・・(^^;
リテイクの文字は見なかったことにして何がどうなったのかは考えないようにしましょう。
 
ただ、パッケージには「キットには同スケールのPTボートが付属。」と書いてあった。
この部分だけはわかった(^^;
 
 
パッケージに記載された扶桑の解説。
アオシマ 1/700 扶桑 パッケージ 大正6年11月呉工廠で完成。
1938~42年に第二次改装工事とある。

で、フィリピン沖海戦ではスリガオ海峡作戦(1944年10月25日)に参加、米艦隊の集中攻撃を受け、スリガオ沖に沈んだ。とある。


 つまり。「扶桑 1944」は第二次改装工事を受け、フィリピン沖海戦のスリガオ海峡作戦に参加する間の姿を模型化したもののようだ。

 

 
アオシマ 1/700 扶桑組み立て説明書にはもう少し詳しい解説が載っている。


アオシマ 1/700 扶桑
長門 1944 レイテ(リテイク)同様に組み立て説明書のパーツの図は従来のスタンダードであったイラストから写真に替わっていた。


ただ、今回追加されたと思われるPTボートはイラストだった。
説明書の印刷までにテストショットも間に合わなかったということなのだろうか・・
 
アオシマ 1/700 扶桑
キット構成
 
船体は一体成型
 
船底部分のパーツは船体と同じグレーのパーツ


 
アオシマ 1/700 日本海軍装備品(大型艦)
汎用品の1/700 日本海軍装備品(大型艦)


アオシマ 1/700 日本海軍装備品(大型艦)
(袋の裏から見た)
汎用品の1/700 日本海軍装備品(大型艦)




趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト