PAGE TOP

U.S.ジープ・ウイリスMB (タミヤ 1/35)

タミヤ 1/35 ウイリスMB パッケージ

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.219
株式会社 タミヤ
1997年10月発売(発売時価格 ¥1,300 )
2015年9月購入 (購入時価格 ¥1,600 (税別))



プラモデルの飾り台 を作っているときに出た失敗作に情景テクスチャーペイントのターフなどで作った沼地のような場所に置くためにジープを買った。

ジープは1940年、アメリカン・バンタム、ウイリス、フォードの3社で試作、改造を競い、ウイリスMAを基本形とし、フォードGPのフロントデザインを合わせたものがそれぞれウイリスMB、フォードGPWとして制式採用された。
1945年8月の大戦中にウイリス、フォード社で64万台が生産された。
MB/GPWジープと呼ばれるもので両者のパーツはすべて互換性があったようだ。

で、このプラモデルはウイリス社のもの。

 

大戦後は「ジープ」という名称をウイリスが商標登録したようだが、その後もメーカーの合併やらなんやらで商標権は転々としている模様。
一時期、日本のテレビCMで「ジープと呼べるのはJEEPだけ」とかいうのもあったっけ。

 

タミヤ 1/35 ウイリスMB パッケージパッケージ側面には前後、側面から見た図とジープの解説。


タミヤ 1/35 ウイリスMB パッケージ 解説 兵員や物資の輸送、偵察、連絡など幅広い任務に使用された。とある。


タミヤ 1/35 ウイリスMB パッケージ 反対側の側面には小物と絵とその名称、模型要目が描かれている。


模型要目によると、
・ボンネットは開閉選択式
・フロントグリルはスライド金型によりボディと一体成形
・幌は折りたたんで助手席下に格納した状態
等々。

で、左側に描かれているのが・・・

 

タミヤ 1/35 ウイリスMB パッケージ “Jeep”と、ジープグリルのデザインは、クライスラー社(U.S.A)の登録商標であり、ライセンスの下で使用されています。1997年。
となっている。


ちなみに、2018年現在、”Jeep”の商標はフィアット・クライスラー・オートモービルズ社がもっているらしい。
イタリアのフィアットが経営不振のクライスラーを買収し完全子会社化したようだ。
模型化するときの承認手続きも大変ですなぁ。

アラ!?
クライスラーが商標持っているというこの図柄と文言のパッケージ、今となっては貴重なのか?

 

 

 

タミヤ 1/35 ウイリスMB キット構成キット構成はこんな感じ。


タミヤ 1/35 ウイリスMB パーツ オリーブ色のパーツのランナーが2つと、車体のパーツ。


タミヤ 1/35 ウイリスMB 車体 で、これが「(比較的新しい技術の)スライド金型によりボディと一体成形したフロントグリル」をもつ車体で、このグリルのデザインをフィアット・クライスラー・オートモービルズ社が商標登録しているわけですな。


タミヤ 1/35 ウイリスMB 組み立て説明書 横長両面印刷の組み立て説明書。
ざっと8ページ相当分。


タミヤ 1/35 ウイリスMB 組み立て説明書組み立て説明書のマーキングと塗装の指示では1944年から1945年の頃の5つの所属分が指示されている。


タミヤ 1/35 ウイリスMB 組み立て説明書


ドライバーの人形1体付き。
全長:96mm、全幅:46mm。

 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト