PAGE TOP

RCトラック(スカニア R620)の組み立て・・その17

スカニア R620 ト レーラージョイント

タミヤの1/14 大型ラジコントラック「スカニア R620」の製作(組み立て)。
組み立て説明書にある工程は全部で51工程。

今回は「26 カプラーの組み立て」、「27 トレーラージョイント」。


工程26 「カプラーの組み立て」

スカニア R620 カプラー 組み立て説明図カプラーの組み立て説明図。

牽引するトレーラーの頭が乗っかる部分で、この部分にあるフックでトレーラーの固定と解放ができる。


スカニア R620 カプラー 構成部品カプラーを構成するパーツ。

右下の緑/黒のコードはオプション(TROP.11)のマルチコントロールユニットに含まれるカプラースイッチ。


スカニア R620 カプラー組み立てフック部のパーツにリターンスプリングとピローボールを取り付ける。

ピローボールにロッドを取り付け、引っ張ることでフックが移動してトレーラーを解放することができる。


スカニア R620 カプラー組み立てフックをジョイントプレートに取り付け、カプラー本体に収納する。
ネジはネジロック剤で緩み止め。


スカニア R620 カプラー組み立て収まったところ。


スカニア R620 カプラー組み立てカプラースイッチが付くところのスプリングのケースにはグリスを塗布。


スカニア R620 カプラー組み立てカプラースチッチ(写真左)をカプラーに取り付ける。


スカニア R620 カプラー 裏面カプラースチッチの配線コードは・・
前側に出すべきか?
後ろ側に出すべきか?

組み立て説明書、マルチファンクションユニットの説明書を見ても特に記載はなかった。

まぁ、実際にフレームに取り付けたときに見えないように現合ということで。


スカニア R620 カプラーカプラーを上部から見たところ。


工程27 「トレーラージョイント」

スカニア R620 トレーラージョイント 組み立て説明図トレーラージョイントの組み立て説明図。

「26 カプラーの組み立て」で組み立てたカプラーをベースに取り付けたり、バッテリーホルダーを組み立てたり。


スカニア R620 トレーラージョイント 構成部品トレーラージョイントの組み立てで使用するパーツ類。


スカニア R620 トレーラージョイントカプラーの裏面にジョイントプレートを取り付ける。
ジョイントプレートにシャフトを通してカプラーに取り付け。

シャフトの右端にある ねじりバネ はこのカプラーが上から押された時に元に戻る役目をする。


スカニア R620 トレーラージョイントカプラーにジョイントプレート取り付けた状態。

これは裏面(下側)。


スカニア R620 トレーラージョイント シャフトロッド(シャフト)にピローボール受けをつける。

指定された距離は66mm。

ねじ込み式なのでピッタリとはいかない・・

もっとも、0.1mmの誤差なんて・・両端をグッと引っ張れば・・

・・ポロッととれたりして。


スカニア R620 トレーラージョイントカプラーのピローボールにロッド(シャフト)を取り付け、そのカプラーをプレートに取り付ける。

ネジはネジロック剤で緩み止め。


なお、オプション(TROP.5)のオートサポートレッグを取り付ける場合はカプラーにそのパーツを取り付けるようだが、今回は買っていないのでパス。

スカニア R620 トレーラージョイント組みあがったトレーラージョイント。


スカニア R620 トレーラージョイント組みあがったトレーラージョイントを隙間から見るとこんな感じ。


スカニア R620 トレーラージョイントカプラーを押さえたり、離したりして軽く戻ることを確認。

また、ピローボールに取り付けたロッド(シャフト)を引っ張ったり、押したりしてフックが軽く開閉することを確認。


カプラースイッチの配線

== 2018/10/29 ==

カプラースイッチを取り付けた時、配線コードが自然に伸びるように配置すると車両の後方側(V字型に開口した方向)にコードが出てくる。(上の写真)

後日、この状態で配線コードをそのままフレームの間に落とし、キャブに設置するMFC-01ユニットに接続しようとすると配線できないことはないが、かなりギリギリとなることが分かった。

 

スカニア R620 カプラースイッチということで、配線コードは車両前方側に出てくるように変更し、トレーラージョイントのベースの中央の穴からフレームの間に落とし込むように変更した。

・・この写真ではベースの中央の穴にコードは入っていないが・・


バッテリーケース

スカニア R620 カプラー バッテリーホルダーいくつかのパーツからなっているバッテリーケースを組み立てる。


スカニア R620 カプラー バッテリーホルダー組みあがったバッテリーケース。

こちらが車体上部からみたところ。


これで、組み立て説明書上の工程の半分が終了したことになる。

 

「スカニア R620の組み立て」次の記事(その18)
「スカニア R620の組み立て」前の記事(その16)

 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト