PAGE TOP

カタナ =2号機= フルパワー化 (1999/4)

カタナ マフラー

1999年3月に中古で購入した2台目のスズキGSX1100Sカタナ(GSX1100SR)。


何度かノーマルのまま乗ってみたが、回転のバラツキとトルクの谷はある。やはり、SRの持病のようだ。
再び新車を買ってたら、さぞかしガッカリしただろう。
そうなると、先立つものが無いといいつつも欲求がつのるばかり。

早くフルパワー化したい!と早速パーツを集めてしまった。
 
フルパワー化するにあたって変更した部分は次のとおり。
 

装置 フルパワー輸出仕様車
純正品or代替品
SR国内仕様
キャブレター
(メインジェット)
#112.5 #1,4キャブ #100
#2,3キャブ #97.5
エアクリーナ
ボックス
エアクリーナボックス
吸気口が広い
エアクリーナボックス
吸気口が狭い
点火装置 アナログ点火ユニット&イグナイタ
神戸ユニコーン
 アナログ点火ユニット&イグナイタ
デジタル点火ユニット
純正
 デジタル点火ユニット
マフラー  カタナ マフラー
左が逆車用純正マフラー、右が国内仕様純正マフラーの排気口
パワー&トルク
(カタログ値)
111ps/8,500rpm 9.8kg-m/6,500rpm 95ps/8,500rpm 8.6kg-m/4,000rpm

 

他には、キャブのメインジェット交換時にニードルクリップは一段下げている。

 

結果は

フルパワー化の結果は...ズバリ正解!!
 
トルクの谷は気にならなくなったし、なんといっても4,000rpm以上もスムーズに回るようになった。
以前は4,000rpmから進角を制限してパワーを抑えているせいか、ガガガガッという、ものすごいメカノイズが発生していたが、全くなくなっている。

もとは、こんなにスムーズに回るエンジンだったのか...それに、排気音もダイナミックだし。
 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト