PAGE TOP

ステーターのケーブルが・・(CB750セミレストア)

CB750 ステーターコイル

ジェネレータのハーネスを交換しようと思った。
ジェネレータのハーネスはダイナモカバーの中のステータコイルのケーブルにつながっている。


しかし、このステータコイルのケーブルの外を取り巻く黒いチューブ..
チューブというのは昔の話。今では完全に硬化してカチカチ。とてもチューブとは呼べない代物となっていた。
 
試しにちょっと曲げてみると..パキッと音がして割れた。
アラ~まずいか?
 
ひとまずダイナモカバーを外して・・

CB750 ステーターコイル エンジンの左側下部に円筒形の出っ張っているのが、ダイナモカバー。

その中にあるのがステータコイル。

左の方に出ている5本の配線を1本のチューブとして束ねていたチューブが劣化してバラバラと砕けた。


破片の写真・・ありません。(^^;

配線ケーブル自体はまだ柔軟性があって大丈夫・・かも?
ただ、このままじゃ、扱いにくいので新しい熱収縮チューブで元通り束ねておくことにした。

熱収縮チューブで取りまとめた写真・・ありません。(–;

 

ダイナモカバーはちょっと深めの傷がついているため購入しておいた新品がある。
ステーターコイル類がこれ以上劣化する前に交換しておいた方がいいかも。
でないと、部品交換中に断線ということも十分あり得る。

CB750 ダイナモカバーこれが、買っておいたダイナモカバー。


ついでにミッションカバーも外して・・こちらは新品が入手できなかったので手作業で磨いておこうかな。

CB750 ダイナモ、ミッションカバーを外す..順調に解体は進んでいる。
あら?
別に解体するつもりじゃないのだが..


レストア済という車輛も売られていることもあるが、「完全にレストア」となると、とことん部品を交換していかなきゃならんでしょう。
しかし、どんどん費用がかさむし、入手できないパーツもあるでしょう。

ぶっちゃけ、このステーターコイルだって30年物。
銅線は硬化して抵抗も増してるんでしょう。

結局のところ・・全パーツ交換のフルレストアといっても、電装系などは当時のストック物ではなく、近年製造の新品に交換でもしない限り「古いバイク」は「古いバイク」、ということになるんでしょうかねぇ。



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト