Nゲージレイアウト用制御盤 (その6) 進路の制御盤パネル

今回作成しているNケージレイアウトの制御盤の目玉のひとつ、進路の制御盤。
要は、レイアウトのポイントを転換するテコを本物みたいな感じで作ろうというもの。
で、いよいよそのパネルの製作。

まずはテコ。
信号テコ
こちらは、本物のテコ。
枠は頑丈で奥行きがある。そしてネジの緩み止めなどもちゃんと施されている。

さすが、重要部品。

実物のテコの頭をシリコン&レジンでコピーすることも考えたが、それじゃぁ本物の制御盤と同じ大きさが必要になる!?
ということで、ちょっと小さめのサイズのものをモデラで削りだしてレジンで量産。

実物の信号テコと模型用自作信号テコ
左:削りだしてレジンで量産したテコ
右:本物のテコ

多くのテコは中立の位置と左右に倒した位置の3点に切り替えられる。
切り替えるときはカチッ、カチッと節度がある動作なのでこれは実現したい。
ただ、なるべく小さく作りたいのでいろんな仕組みは考えず、市販のDIPロータリースイッチを使用することにした。

DIPロータリースイッチとテコ
このスイッチはエンドレスでクルクル回すことができる。
最初はストッパを作って3点しか動かないようにしようかと思ったが、私しか使わないスイッチ。
仕組みを考えて作りこんでも結局は自己満足で終わるのが目に見えているので無駄な努力はしないことにした。

肝心のテコは裏側にDIPロータリースイッチの頭が入る穴をあけ、瞬間接着剤で固定することにした。
この頭を埋め込んだテコの部分はスイッチ本体から外すことができる。

続いて制御盤のパネル。

進路表示用青色LED
開通している進路を表示するのに青色の表面実装型のLEDを使用することにした。
光らすとこんな感じ。

進路表示用青色LED
進路を表示しようとすると複数個のLEDが点灯することになり、照度を落として光らせても目が痛いかも。
ということで、1mm厚の白色のプラ版の裏側から光らせることにした。

進路表示とは別に信号機の表示もLEDで点灯させることにした。
こちらは砲弾型のLEDで光を和らげるため拡散用のキャップをかぶせることにした。

パネルベースのアクリル板
プラ板だけだとヨレヨレになってしまうので、3mm厚のアクリル板をベースにしてその表面にプラ板を貼り付ける。

アクリル板にはテコ用のロータリースイッチの穴、LED用の穴などを明けていく。
ロータリースイッチの穴は本体が入るように四角。

ウ~ム、結構穴だらけ。

裏側に基盤を取り付けるためのM3のネジ穴もあける。

パネルベースのアクリル板と表面のブラ板
表面に貼り付けるプラ板にはロータリースイッチとLED用の穴を明ける。
ロータリースイッチの穴は軸が通るだけの丸穴。

ネジ穴はアクリル板だけにして表面からは基盤取り付け用のネジの頭が見えないようにした。

当然ながら、プラ板とアクリル板の穴の位置が合わないと、穴ぼこだらけで再利用できないプラ板とアクリル板になってしまう。orz

線路表示用パーツ
制御盤上に線路の部分を表すラインは別のプラ板から切り出したパーツを貼ることにした。

塗装した進路表示盤と線路表示パーツ
プラ板とアクリル板を貼り合わせたところで塗装。

進路表示盤に線路表示パーツを貼付
線路の部分は塗装のかわりに区間ごとに色の違うテプラのテープを貼って、LEDを透過させる部分は塗装を剥がし、テープも隙間をもたせた。

が、・・結果、どうもテプラのテープだとテカテカしすぎる。

ウ~ム、線路部分はもともとパネルのマスキングが大変そうなので別パーツにしてテプラのテープを貼ろうと考えたのだが、やっぱ線路の部分も塗装で表現したほうが良さそう。

進路表示盤に線路表示を塗装で再現
と、いうことでマスキングを繰り返しながら塗装。

まぁ、こんなもんでしょうか。

パネルのサイズは450mm×200mm。

塗装が終了した進路表示盤
結局信号機の部分も塗装で表現。

進路を示すLEDの部分は切り抜いてあり、その上に貼るパーツを透過させる予定だったが、上に貼るパーツがなくなった今・・・
結局LEDがそのまま見えるようになってしまったとさ。

・・世の中、思い通りに行かないことは多々ある。ウム、しょうがない。orz

進路表示盤用基盤
テコ用のDIPロータリースイッチ、着点を選択するためのタクトスイッチ、LEDなどを取り付ける基盤。
3分割してあり、アクリル板にねじ止めする。

進路表示盤用基盤にパーツを配置
基盤の表面はこんな感じ。

進路表示盤に基盤を取り付け
基盤の裏面はこんな感じ。
この基盤はスイッチとLEDを配置したもので、実際に制御するPICマイコンは別の基盤に作りこんでケーブルでつなぐ予定。

基盤の右上にあるのは「Nゲージターンテーブル (その1) ロータリースイッチを作る」で作ったターンテーブル操作用のロータリースイッチ。

完成した進路表示盤のパネル
線路の番線番号、信号の番号などをテプラで作成して貼り付け。

左上部にはターンテーブルのコントロール用スイッチがある。
この部分の線路の色塗りは別パーツに塗ってして貼り付けることにした。

完成した進路制御盤パネル
進路制御盤の心臓部・PICマイコンによるポイント転換の制御はまだまだ未完成なれど、結構形が出来上がると、さぁ、もうひと踏ん張り

・・という具合にはなかなか進まないのであるが。

ちなみに、この写真ではまだテコはついていません。
テコをつけるのは基盤のロータリースイッチなどのパーツの配線が終わってからの予定。

完成した進路表示盤のパネル裏側
裏面はこんな感じ。