鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生) 2

先日、鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音源を作ったが、手元にあった市販のMP3ボードの制御用のボードとくっつけたため、ちょっと大きくなったので、小さめのものを作ってみた。
ただ手元にもう一つMP3ボードがあったので、これを載せておくことくしたため、やはり、ちょっと大きめか。

PIC24FJ64GA002 WAV再生ボード
前回のものは単純に市販のボードと連結しただけなので、大きめ。
Nゲージのレイアウトの下に隠すぶんには問題ないけど、単体のプラモデルを飾る台には大きすぎる。

今回のものは電源、スピーカを除いて、95mm×72mmのボード上に収まった。

PIC24FJ64GA002 WAV再生ボード

MP3ボードが7つの押しボタンに応じてダイレクトに選曲できる機能を持っているが、このスイッチは無くしたが、「やっぱ使いたい」と気が変わった時のためにコネクタで接続できるようにはしておいた。
・・こんなことやってるからなかなかコンパクトにならない・・

PIC24FJ64GA002 WAV再生ボード
一応スイッチ類も小さめのものを使った。

これで、鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用に使える手持ちのMP3ボードはなくなったが、SDカードのスロットと、PICが残っているので、もう少しこんなのを作っておこうかな・・
おそらく、この2/3くらいの大きさにはできそう。

microSDカードや圧電スピーカを使って、電池駆動にすれば1/24スケールの自動車の模型に乗っけられるものもできそうであるが・・

鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生)

で、プラモデルの飾り台として作った「箱」はこちら