=2号機= クラッチ (2000/5)

パワーアシストクラッチが故障したのが、1999年6月。クラッチを握ろうが、握るまいが電気を喰うらしく、バッテリーがすぐあがってしまうのだ。やむなく、スイッチを切ってパワーアシストクラッチが効かないようにしていた。カタナのクラッチの重さは評判であったが、意外にもパワーアシストがなくても..軽い..とまではいかないが、我慢できないほどの重さではない。XJRの油圧クラッチの方が重いくらいだ。
それよりも、心配なのが最近弱ってきたように見えるバッテリー。セル数回でもう、ねをあげてセルが回らなくなる。
パワーアシストクラッチの魅力も捨てがたいため修理を考えていたが、このバッテリーの様子だと持ちこたえられそうもない。

そこで、モーターを取り払ってレリーズケーブルとレリーズアームを交換することにした。
フレームの狭い間に格納されたブースタモーターを取り外すのに結構手間取ってしまった。

まだ、試運転はおこなっていないが、調整をしている時の感じでは結構軽くなったような気がする。

..ただ、ここのところバイクに乗る機会が減っているにも関わらず、セルをほんの一瞬回すだけで、エンジンは元気良く始動する。
結構バッテリーも大丈夫のようだ。パワーアシストクラッチ直してもよかったか?

純正のクラッチレリーズアーム
純正のクラッチレリーズアーム

YRPレーシング イージクラッチKITと神戸ユニコーン クラッチワイヤー
YRPレーシングのイージクラッチKITと
神戸ユニコーンのクラッチワイヤーに変更
パワーアシストクラッチ用ブースタモーター
エンジン上部のフレームに取り付けられている
パワーアシストクラッチ用ブースタモーター
パワーアシストクラッチ用ブースタモーターを取り外した状態
ブースタモーターを取り外した状態
パワーアシストクラッチ用ブースタモーター
パワーアシストクラッチの正体、ブースタモーター