旧型客車

やはり、蒸気機関車や旧型電気機関車が牽引するなら旧型客車。
我が家の旧型客車は展示スペースかレイアウトができるまでダンボールの中で休車状態。

旧型客車
いつでも展示スペースやレイアウトの作成ができるように何両かは手元においているが、なかなか工事に着手できない。

旧型客車もうみかけることがなくなった旧型客車の面々

オハ35 1027オハ35系
オハ35 1027

スハ43 235スハ43系
スハ43 235

スハフ42 136スハフ42 136

昭和50年代初めの奥羽本線

オハフ33 2431の車内オハ33系
オハフ33 2431の車内

牽引している機関車が目の前に見える。

走行中自連のドンツキもよく観察できる。
フッと引き込まれそうな・・恐ろしい

オハフ33 2066の車内オハ33系
オハフ33 2066の車内

旧型客車デッキから機関車が目の前に見えるなら、後ろもよく見える。
一歩間違えれば・・落ちる

赤岩駅に進入スイッチバックの駅、赤岩駅にバックで進入

ED78形機関車
牽引してきた機関車はED78形機関車

つばさ
特急つばさが駆け抜けていく

板谷駅付近キロポストは21km500。
板谷駅付近
赤岩、板谷、峠、大沢とスイッチバックの連続。

板谷駅付近
左下に線路。かなりの高低差となる。

峠駅
峠駅に到着

峠駅
峠駅の名物は「峠の力餅」

赤岩、板谷、峠、大沢のスイッチバックはもうないそうな。
レイアウトでもこんな風景が作れるといいでしょうなぁ。

桑園駅
北海道函館本線の桑園(そうえん)駅
昔は雪深い中、ひっそりたたずむさみしい駅だったが、今では高架駅の大都会の風情。
こんな風景の駅はもう見られないんでしょうなぁ。
レイアウトなら、小型蒸気機関車1両、旧型客車1両ってところでしょう。



D51形機関車 (D51 14)

 

 

 

D511号機が1936年3月22日竣工に対して、このD5114は1936年2月29日竣工。
D51の誕生1号機である。
煙突を包含するケーシングは標準型A。通称なめくじ。

午前、午後とも正面は逆光でうまく撮れそうもない。正面の写真撮るなら曇天の日がよさそう。

外周をフェンスが取りまく。平成10年11月からこのフェンス内には入れなくなっている。

機関車にアスベストが使用されており、飛散の恐れはないが、安全面への配慮からフェンス内には入れなくなっているようだ。

D51形機関車 (D51 14)

D51形機関車 (D51 14)

D51形機関車 (D51 14)

煙突の後方から、給水加熱器、砂箱、蒸気ドームなどをまとめてケーシングして半流線型をしているのが特徴の機関車。

 

D51形機関車 (D51 14)

D51形機関車 (D51 14)

 

D5114機関車案内板
案内板を要約すると・・
D51型大型貨物蒸気機関車は昭和11年から昭和20年までに1116両製作され、特に初期のものは煙突、給水加熱器、砂箱、蒸気ドームなどが一体となり半流線型をしているのが特徴です。
D5114型蒸気機関車は、昭和11年2月29日大阪汽車会社で15台製作されたうちの1台。
昭和11年2月大阪吹田機関区を振り出しに、兵庫県鷹取から北海道、函館、岩見沢、旭川の機関区で活躍。
昭和48年7月20日名寄機関区で最後の勤めを果たした。
全走行距離は2352349Km、地球を約59周。
昭和51年8月、流山市に設置。

 


同じ場所に流山鉄道のガソリン客車キハ31がある。

 

千葉県流山市野々下1-40-1 流山市総合運動公園
(撮影 2007年)

コキ50000形(TOMIX)

1971年(昭和46年)に登場したフレートライナー用のコンテナ車。
ブルーのコキ10000も製品化されているが、ひとまずは茶色のコキ50000形から集めた。

フレートライナーとは、1965年にイギリスで開発された貨物直行定期便という貨物の輸送方式の名前。
貨物を積んだコンテナを固定編成の高速貨物列車で輸送基地間を直行で輸送して、基地から戸口の近距離輸送はトラックで行う。
国鉄では、昭和44年4月汐留-梅田間、田端操車場駅-百済間で営業を開始し、フレートライナーが登場したとき国鉄は「戸口から戸口へ」と大々的にPRしていた。

TOMIX コキ50000形
KATOから出ているコンテナ車と違って、この製品からはコンテナの取り外しできること、各種のコンテナが揃っているというのが特長。
もちろん、このおかげで価格も違ってくるのだが。

山陽本線あたりではEF60、EF65なども牽引していたが、やっぱ長大編成のコンテナ列車はEF66が牽引しているのが好き。22両編成が多かった。
前述のとおり、フレートナイナーは固定編成による運行が行われていたため頻繁に両数が増減するわけではないんですなぁ。
そのため、国鉄末期にはコンテナがまばらに積まれた長大編成のフレートライナーも走っていたわけです。
KATOの製品はコンテナ満載。まばらにしかコンテナを積んでいない状態で走らせるにはTOMIXの製品がよいということになります。

22両の固定編成を作るとなると・・このコキ50000形は全長が約140mm。
ということは140mm×22両=3080mm。
ウ~ム、3mを越えるか。こりゃだめだ。
ひとまず、いま持っている7両くらいでおしまいか?

ディスプレイドライバ、バージョンダウン

1月末にRADEONのドライバ類のアップデートをしてからブルースクリーンでとまることが多くなった我が家のPC。
atikmpag.sysで止まることがわかっていたので、あたらなドライバの出るのをまって再度アップデートして様子をみていたが、それでも一日一度は必ずブルースクリーンで落ちてくれる。

なもんで、バージョンを落としてさらに様子をみること1週間。
一度もブルースクリーンで止まることはなくなった。

古いバージョンでも特に困ったことはなかったことだし。

昔から、むやみに新しいバージョンだからといってやみくもに更新しないほうがいいとは言われているのは知ってはいるけど・・

最近のソフトは起動時にバージョンチェックするものが多くて、ご丁寧にバージョンアップしますかと聞いてくれる。

気が付いたときには、バージョンチェックをしないように設定をかえているのだが..
今後はもっと徹底しよっと。

(メモリ等々の相性がある?のかも知れませんが、このPCを組み立てたのが2010年の夏、メモリを増設したのが2011年6月。それまでも、メモリ増設後半年間も無事に動作してたのでドライバ類を古いのに戻した次第。)

1 2 3 7