Nゲージ・旧型客車

やはり、蒸気機関車や旧型電気機関車が牽引するなら旧型客車。
我が家の旧型客車は展示スペースかレイアウトができるまでダンボールの中で休車状態。

旧型客車
いつでも展示スペースやレイアウトの作成ができるように何両かは手元においているが、なかなか工事に着手できない。


旧型客車もうみかけることがなくなった旧型客車の面々


オハ35 1027オハ35系
オハ35 1027


スハ43 235スハ43系
スハ43 235


スハフ42 136スハフ42 136


荷物車 マニ61荷物車 マニ61


昭和50年代初めの奥羽本線

オハフ33 2431の車内オハ33系
オハフ33 2431の車内

牽引している機関車が目の前に見える。


走行中自連のドンツキもよく観察できる。
フッと引き込まれそうな・・恐ろしい


オハフ33 2066の車内オハ33系
オハフ33 2066の車内


旧型客車デッキから機関車が目の前に見えるなら、後ろもよく見える。
一歩間違えれば・・落ちる


赤岩駅に進入スイッチバックの駅、赤岩駅にバックで進入


ED78形機関車
牽引してきた機関車はED78形機関車


つばさ
特急つばさが駆け抜けていく


板谷駅付近キロポストは21km500。
板谷駅付近
赤岩、板谷、峠、大沢とスイッチバックの連続。


板谷駅付近
左下に線路。かなりの高低差となる。


峠駅
峠駅に到着


峠駅
峠駅の名物は「峠の力餅」


赤岩、板谷、峠、大沢のスイッチバックはもうないそうな。
レイアウトでもこんな風景が作れるといいでしょうなぁ。

桑園駅
北海道函館本線の桑園(そうえん)駅
昔は雪深い中、ひっそりたたずむさみしい駅だったが、今では高架駅の大都会の風情。
こんな風景の駅はもう見られないんでしょうなぁ。
レイアウトなら、小型蒸気機関車1両、旧型客車1両ってところでしょう。


 


新幹線300系(TOMIX)

1990年にデビューした新幹線300系。
新幹線300系(TOMIX)
長い直線をもつレイアウトなんか作る場所もないし、かといって新幹線がクネクネと曲がりながら走る姿はどうだかなぁ、と思いつつ気が付けば0系、100系、300系、400系と新幹線を集めていた。

現在TOMIXからはリニューアルされた300系が発売されているが、この製品は初期の製品。
ディーゼル機関車かと思うくらいの騒音で走ってくれる。

新幹線300系
0系はもとより、100系、300系とよく乗ってきたのだが、0系はすでに引退、2012年3月をもって100系とともに300系も引退の模様。
最近は新幹線にもすっかり乗らなくなってきた。
いずれは、レイアウト上で「昔」の新幹線を走らせよう。

孫ができたら、「おじいちゃんの頃はこんな新幹線があったんだ~」なんて時がくるんですかねぇ。
蒸気機関車なんて想像すらできなくなるんだろうなぁ。お~怖い。

クモニ143(KATO)

KATO クモニ143
朝早く単機で出かけていって、113系や115系という電車に併結されて戻ってくるという運用もされていた。
あいにくこの製品にはモータが付いていないので電車にくっついて走るしかないが、電車のみに比べて変化が楽しめそうではある。

逆にホームの端っこに1両のみ留置する線路を作って留置しているだけでもいいけど。
実際に本線から分岐してホームの延長線上に1~2両分の留置線があるという駅も多くある。

クモニ83
この写真は72系電車から改造されたクモニ83(800番台)。
荷物車のクモニの他、郵便・荷物合造車のクモユニという形式もあった。

クモニ83はグリーンマックスからキットが発売されている。
以前、83系とともに組み立てたのだが、今はダンボールの中か?

211系(KATO)

KATO 211系
ブック形ケースに入った編成物より、バラ売りのものを買っていた頃のもの。

販売されていた全形式を集めたが、当初は結局形式の過不足があって、東海道線と高崎線の混成列車になってしもうた。

こりゃいかん(というほど大げさなもんじゃないけど)、ということで東海道の15両編成にしようと・・したのだが・・
ウ~ム、数両行方不明となっとる。

201系(KATO)

1979年(昭和54年)に試作車が登場した201系。
この試作車は900番台として量産タイプと同様に運用されていたのだが、これに乗り合わせるとキョロキョロと量産車との違いを探して、「ウン、ウン」と勝手に納得してたものだが。

2010年中央線から引退し、2011年には京葉、外房線等からも引退。過去のものになってしまった201系。

KATO 201系

通勤で長い間お世話になった車両なので、10両のフル編成で。
もっとも、買ったときはまだ201系も現役だったんだけど。
この製品はKATOカプラー密連形が標準装備となっており、昔のように別売のカプラーを買って取り替える必要もなくなった。最近のはみんなそうなんだろうけど。

室内灯はオプションだけれど、これをつけないときは手を加える必要が全く無くなった。
つまり、走らせる場所がないと買ってきて、眺めて、本棚にしまってとなってしまう。
コリャ、イカン、もうちょっと楽しみたいと思ってはいるのだけど。

201系電車
機関車を飾るための台においてみたが、電車の横置きはどうもしまらん。
とはいえ、現在は編成で並べる飾り台もない。
結局ブック形のケースで書棚に並べるしかない..
なんとも、寂しい限りで。

もっとも、車両から見ると「1度くらいは走らせてくれぃ」、ってか。

ちなみに、101系は総武緩行線のカナリア色のは買って・・ダンボール詰めの状態(^^;

1 2