PAGE TOP

カタナ =2号機= タッチアップ (2000/5)

カタナ補修ペイント

前オーナーがブーツでこすってできたと思われるフレームのペイントの剥がれ。金属の地肌が現れ、サビの心配が出てきた。また、気をつけていたつもりがキーホルダーでつけてしまったトップブリッジの塗膜の剥がれ。 スクリーン、クラッチを交換するときにタッチアップしておくことにした。

» 続きを 読む


カタナ =2号機= クラッチ (2000/5)

クラッチレリーズアーム

パワーアシストクラッチが故障したのが、1999年6月。クラッチを握ろうが、握るまいが電気を喰うらしく、バッテリーがすぐあがってしまうのだ。やむなく、スイッチを切ってパワーアシストクラッチが効かないようにしていた。カタナのクラッチの重さは評判であったが、意外にもパワーアシストがなくても..軽い..とまではいかないが、我慢できないほどの重さではない。XJRの油圧クラッチの方が重いくらいだ。そこで、さらにモーターを取り払ってレリーズケーブルとレリーズアームを交換することにした。

» 続きを 読む

カタナ =2号機= スクリーン交換 (2000/5)

チタンコートスクリーン

中古車で購入したからには難点があるのはやむを得ないこと。新車で買ったカタナ1号機のスクリーンは古いトレーナーを着せて保護するくらい気を使っていたが、中古で買った2号機のスクリーンはコーティングが剥がれている。ウ~ム、気になる。純正品を購入して、コーションラベルまで貼っておこうと思っていたが、カタナ3号を購入したことによりちょっと方向を修正して神戸ユニコーンのチタンコートスクリーンと交換することにした。

» 続きを 読む

カタナ =3号機= フルパワー化パーツ調達 (2000/4)

フルパワー化パーツ

カタナ2号機のフルパワー化は成功だったと思う。フルパワー化したカタナに乗るフィーリングがSRのノーマルとあまり変わらないのだったら3号機を買うことはなかっただろうし。と、いうことで、3号機も2号機と同じフルパワー化をしておくことにした。部品調達ができなくなると困るためフルパワー化の部品調達は車体購入時に一緒に購入することにした。

» 続きを 読む

GSX1100S 3号機 購入顛末記

カタナ 3号機

1980年西ドイツ・ケルンモーターショーでデビューし、翌年市販を開始したカタナ。その後、製造中止、アニバーサリーモデルの限定販売、追加製造、国内仕様の正式販売という形でスズキ社のラインナップに見え隠れしてきたカタナも、1999年東京モーターショーで最後のカタナ「ファイナルエディション」が発表された。が、あえてファイナルエディションではなく、GSX1100SRを買った。

» 続きを 読む

カタナ =2号機= フルパワー化 (1999/4)

カタナ マフラー

1999年3月に中古で購入した2台目のスズキGSX1100Sカタナ(GSX1100SR)。何度かノーマルのまま乗ってみたが、回転のバラツキとトルクの谷はある。やはり、SRの持病のようだ。再び新車を買ってたら、さぞかしガッカリしただろう。そうなると、先立つものが無いといいつつも欲求がつのるばかり。早くフルパワー化したい!と早速パーツを集めてしまった。

» 続きを 読む
1 2 3 4 5
趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト