PAGE TOP

電気機関車 EF66 前期型 (アオシマ 1/45)

アオシマ 1/45 EF66 前期型 パッケージ

アオシマ
1/45 トレインミュージアムOJ No.5
電気機関車 EF66 前期型

2019年11月購入 (購入時価格 ¥16,800(税別))



プラモデルの機関車はそれこそ何十年も前の大滝製作所の1/50スケールの蒸気機関車のシリーズが定番品か?
小学生の頃はC62やらD51を作った記憶がある。
アタイの年齢から言って、大滝製作所が販売していたもの(^^;

今でもマイクロエースから再販されている。

その他目につくところでは、アオシマから再販されている1/50スケールの電気機関車。
元はどこのメーカーだったんだろう?
こちらも現在も入手可能である。

価格的にも数千円で入手できるので、HOゲージよりも大きいサイズの模型を望むなら良いかも。
と、思うが、さすがにかなりの年代物だけあって精密感がイマイチ。

すごく手間暇かけて上手に製作した作品の写真を他人様のホームページで見かけると、ネット通販で買い物かごに入れよか、と考えるが。
どうも自分ではそこまでできないような気がする。
で、結局いつも買い物かごに入らない。

そんななか、2015年に新発売されたのがアオシマの1/45スケールの鉄道車両のプラモデルのシリーズ「トレインミュージアムOJシリーズ」。

自分で追加加工で良い作品に出来そうもなきゃ、最初から精密にできてるのを買うしかない。
・・が価格が定価ベースで1万数千円。
なかなか財布が許してくれないはなぁ。

ちなみに、アタイが買ったプラモデルの中で(定価ベースで)一番高かったのが、「Harley-Davidson FLSTFB Fat Boy Lo (タミヤ 1/6)
2013年11月発売のもので、¥21,000(税別)也
もったいなくてなかなか作れない(^^;

 

キットの中身

アオシマ 1/45 EF66 前期型 パッケージ側面1968年~69年の間に製造された前期型(1次車)。
PS17形パンタグラフや運転台にひさしの無い屋根が特徴。


後期型は下枠が交差したPS22形パンタグラフと運転台に屋根にひさしが付いているところが大きな違いか。
PS22形パンタグラフはPS17形に比べて小型で、スマートに見えるかも。
前期型、後期型を2台作って並べると・・財布が悲鳴をあげそう。

 

アオシマ 1/45 EF66 前期型 パッケージ側面パッケージ側面にはメーカーが「台車やパンタグラフの再現は自信ありです。」と謳っているパンタグラフと運転台の写真。


アオシマ 1/45 EF66 前期型 パッケージ側面反対の側面はオプションパーツの紹介と使用する塗料の一覧。


オプションとしては、前照灯等のLDEパーツ(2,600円(税別))とホイールセット(3,200円(税別))の紹介。
ウ~ム、オプションだけで定価ベースで5,800円・・パス。

アオシマ 1/45 EF66 前期型 キット構成箱の蓋を開けるとこんな感じ。


車体類。

車体の成形色はかなり濃い感じ。

基本的にプラモデルは塗装しないで組み上げてもある程度雰囲気が出るように成形色を選んでるんだろうけど、これはちょっと濃いかな?

まあ、グレイ系の下地を塗ってから塗装するのが必須みたいですな。


アオシマ 1/45 EF66 前期型 キット構成全パーツは約1,000とのこと。


アオシマ 1/45 EF66 前期型 キット構成「再現は自信ありです。」と謳っているパンタグラフ。

可動式ではない。

メーカーのHPの写真では錆を表現したウェザリングがなされていた。

やっぱ、塗装とウェザリングはかなり出来を左右するのは間違いない。


で、「塗装とウェザリングは安いプラモデルで練習してから」と思っているので、なかなか精密なプラモデルは買っても組み立てには至っていない・・

アオシマ 1/45 EF66 前期型 組み立て説明書説明書にはアオシマのものにしては珍しく、実物の解説入り。

全60ページとかなり気合が入っている。

図も大きめのもので、お歳を召した方には・・アタイもだけど。


アオシマ 1/45 EF66 前期型 パッケージさて、組み立てに着手するのはいつ頃になるだろう。




趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト