スズキ GSX カタナのエンジン

スズキ GSXS エンジン

スズキのバイクGSXカタナのエンジンに関するメモ。


1100

GSX1100SRエンジン

TSCC(Twin Swirl Combustion Chamber)
空冷 4サイクル DOHC 4バルブ 並列4気筒


GSX1100SZ~
1981年から発売された海外向けのシリーズ。カタナのフルパワーエンジン。
GSX1100SZ
排気量 1,074cc
ボア×ストローク 72×66mm
最大出力 111ps/8,500rpm
最大トルク 9.8kg-m/6,500rpm
キャプレター Mikuni BS34SS

 

GS1000SZ
ホモロゲーションモデル(簡単に言えば、市販車クラス等のレース参加資格を得るために市販実績を作るためのモデル)として1982年に発売された998ccのエンジン。
 
排気量 998cc
ボア×ストローク 69.4×66mm
最大出力 108ps/8,500rpm
キャプレター Mikuni BS34SS
(ヨーロッパ向け VM32SS)

 

GSX1100SR
1994年から発売された国内向けのシリーズ。パワーは95psに落とされた。
GSX1100SR
排気量 1,074cc
ボア×ストローク 72×66mm
最大出力 95ps/8,500rpm
最大トルク 8.6kg-m/4,000rpm
キャプレター Mikuni BS34SS

GSX1100E

カタナ1100のエンジンのベースとなったのはGSX1100Eのエンジン。

GSX1100E_1979年モデル GSX1100E 1979年モデル

星形キャストホイールもすでにGSX1100Eで使われていた。
よく見るとマフラーの形状もカタナと同じか?
これを黒メッキしたのかな?

750

TSCC(Twin Swirl Combustion Chamber)
空冷 4サイクル DOHC 4バルブ 並列4気筒

GSX750SS
GSX750SS
排気量 747cc
ボア×ストローク 67×53mm
最大出力 69ps/8,500rpm
最大トルク 6.2kg-m/7,000rpm
キャプレター Mikuni BS32

 

GSX750SD(ヨーロッパ仕様)
 
最大出力 82ps/9,200rpm

 

GSX750SE
 
排気量 747cc
ボア×ストローク 67×53mm
最大出力 77ps/9,300rpm
最大トルク 6.4kg-m/7,500rpm

GSX750E

カタナ750のエンジンのベースはGSX750Eのエンジン。

GSX750E_1980年モデルGSX750E 1980年モデル

400

TSCC(Twin Swirl Combustion Chamber)
水冷 4サイクル DOHC 4バルブ 並列4気筒

GSX400SSN
排気量 399cc
ボア×ストローク 52.0×47.0mm
最大出力 53ps/10,500rpm
最大トルク 3.8kg-m/9,500rpm
キャプレター Mikuni BST32

GSX-R400Rのエンジンをベースにロングストローク化
GSX1100Sのヘッドシリンダとタテ・ヨコ比を同一にして95%の縮小率となっている凝りよう

250

TSCC(Twin Swirl Combustion Chamber)
水冷 4サイクル DOHC 4バルブ 並列4気筒

GSX250S
排気量 248 cc
ボア×ストローク 49.0 × 33.0mm
最大出力 40ps/13,500rpm
最大トルク 2.7kg-m/10,000rpm
キャプレター Mikuni BST29

ベースはBandit250のエンジン
マフラーはターゲットデザイン(ハンス・ムート)のオリジナルデザインを踏襲



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト