カタナ =2号機= タッチアップ (2000/5)

カタナ補修ペイント

前オーナーがブーツでこすってできたと思われるフレームのペイントの剥がれ。金属の地肌が現れ、サビの心配が出てきた。また、気をつけていたつもりがキーホルダーでつけてしまったトップブリッジの塗膜の剥がれ。 スクリーン、クラッチを交換するときにタッチアップしておくことにした。

» 続きを 読む


カタナ =2号機= クラッチ (2000/5)

クラッチレリーズアーム

パワーアシストクラッチが故障したのが、1999年6月。クラッチを握ろうが、握るまいが電気を喰うらしく、バッテリーがすぐあがってしまうのだ。やむなく、スイッチを切ってパワーアシストクラッチが効かないようにしていた。カタナのクラッチの重さは評判であったが、意外にもパワーアシストがなくても..軽い..とまではいかないが、我慢できないほどの重さではない。XJRの油圧クラッチの方が重いくらいだ。そこで、さらにモーターを取り払ってレリーズケーブルとレリーズアームを交換することにした。

» 続きを 読む

カタナ =2号機= スクリーン交換 (2000/5)

チタンコートスクリーン

中古車で購入したからには難点があるのはやむを得ないこと。新車で買ったカタナ1号機のスクリーンは古いトレーナーを着せて保護するくらい気を使っていたが、中古で買った2号機のスクリーンはコーティングが剥がれている。ウ~ム、気になる。純正品を購入して、コーションラベルまで貼っておこうと思っていたが、カタナ3号を購入したことによりちょっと方向を修正して神戸ユニコーンのチタンコートスクリーンと交換することにした。

» 続きを 読む

リフト2

縦にして運搬、保管したため、オイルが漏れ動作の試験ができていなかったリフト。 ..リフトメーカーもこんなものをマンションの中で保管することは考えてないだろう。   オイルを補給してエア抜きをし、動かしてみた。結果は良好。

» 続きを 読む

リフト

リフトの全長2200mm、全幅640mm(グリップを含むと約800mm)、重量60kg。 60kgでも、おかーちゃんと二人だけで運ぶには非常に重く感じられる。 やっとのことで家の中に運び込んだが、家の中に入ると大きい大き

» 続きを 読む
趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト