PAGE TOP

木工旋盤

ナカトミ WT-300 鉄道模型用としては車輪の木型製作用というところだろうか。(私は別の目的で買ったのだが。) 金属加工用の旋盤とはバイトの使い方は全く異なる。というより、バイトは手でもって木材に押しつけるから送り台と

» 続きを 読む


収納

収納 マイフォード スーパー7、FV-320Tを使って加工していたときはマンションの一室を丸々使い、加工するときは壁や床にベニヤ板とブルーシートを敷いて切り粉の処理にも相当気を遣っていた..つもり。 今回は庭で作業できる

» 続きを 読む

切断機

ランボードなどの外装部品を切り出すにしても手工具ではちょっと二の足を踏んでしまう。 2mm程度まで切断できる物も価格は下がってきている。 模型づくりには切断、折り曲げがつきもの。 いろいろな工具の中でも切断機は一番重宝し

» 続きを 読む

コンプレッサ

ライブスチームの模型をテストするには必須の物。 タンク容量、吐き出し量が選択のポイントか。 写真の物は2馬力、タンク容量39L、50Hzの時の吐き出し空気量は120L/min。 私の機関車の場合、このコンプレッサで低速で

» 続きを 読む

ボール盤

穴あけに必要となる。キットとして販売されている模型でも、最低限ボール盤が必要になるものが多いようだ。 フライス盤でも代用できるが、チャックの取り替えを考えるとボール盤があった方が何かと便利な気がする。 マキタのTB130

» 続きを 読む

溶接機

貨車など板金構造物を作る場合、1.2mm~3.2mm厚くらいの軟鋼板が強度から見てもよさそう。 ただ、5インチゲージくらいの大きさになるとハンダ付けや銀ロウ付けではなかなか苦労する。 ということで、溶接作品第1号、ワフ2

» 続きを 読む
1 2 3
趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト