1/12オートバイシリーズ ライダー人形

タミヤの1/12 オートバイシリーズにライダーが付属したのは1983年に発売された№18 ホンダCR450モトクロッサーからのようだ。
その後何点かのライダー付きの製品が発売されている。

ジャンピングライダー、レーシングライダー、ストレートランライダー、スターティングライダーは単品で製品化されていた。

その中でレーシングライダー、ストレートランライダー、スターティングライダーが2013年2月に新たにシリーズ番号を振りなおされて1/12 オートバイシリーズにラインナップされた。

タミヤ 1/12 オートバイシリーズ №122 レーシングライダー

1984年に№33 レーシングライダーとして発売されていた製品のリニューアルのようだ。
もともとは1983年に№26として発売された「ケニー・ロバーツ&YAMAHA YZR500」に付属していた人形。
つまり、この人はハングオンスタイルでコーナリング中のケニー・ロバーツさん。

1986年にも№50 ホンダNS500とレーシングライダーとして登場している。
レーシングライダー

Item No:14122

2014年購入 (購入時価格 ¥600(税別))

レーシングライダー キット構成
キット構成

さて、人形は買ったもののバイクはどうなる!?

№26「ケニー・ロバーツ&YAMAHA YZR500」のYZR500は何あろう1/12 オートバイシリーズの最初の製品。
数年前に再販されていたのを見たことがある。
だが現時点ではネット通販などで探しても見当たらなかった。

これまでいろんなバイクのプラモデルをストックしてきたけど、ほぼ全てが市販車のモデルで、レース用のバイクは買っていない。

ということで、グランプリレーサーを探しに出かけてみた。

レーシングライダーとYZR-M1
何点か目に入った中で選んだのが
YAMAHA YZR-M1 ’04

やっぱ、コーナリングはヤマハでしょう・・・

タミヤ 1/12 オートバイシリーズ №123 ストレートランライダー

1985年に№40 ストレートランライダーとして発売されていた製品のリニューアル。
これは同年に「YAMAHA YZR500(OW70)とストレートランライダー」として№43でバイクと一緒に発売されている。

YZR500(OW70)自体は1984年に№38 として発売されている。

ストレートランライダー
Item No:14123

2014年購入 (購入時価格 ¥600(税別))

ちなみにこのおじさんもケニー・ロバーツさん。YZR500(OW70)は最後に乗ったバイクのようだ。

ストレートランライダー キット構成
キット構成

ストレートランライダーとドゥカティ デスモセディチ
こちらのバイクも店頭にあったものから選んだが、ヤマハばかりじゃ面白くないので
ドゥカティ デスモセディチ
にした。

タミヤ 1/12 オートバイシリーズ №124 スターティングライダー

1985年に№41 スターティングライダーとして発売されていた製品のリニューアル。
これは同年に「HONDA NS500とスターティングライダー」として№42でバイクと一緒に発売されている。

NS500自体は1984年に№32 として発売されている。

スターティングライダー
Item No:14124

2014年購入 (購入時価格 ¥600(税別))

スタート時のエンジンを押しがけするスタイルが再現されている。

スターティングライダー キット構成
キット構成

スターティングライダーとNSR500
エンジンの押しがけがみられたのは1980年代まで。
ということでバイクは最新のものじゃなく、やっぱ1980年代までのマシンが欲しい・・小さなこだわりです。
・・で、飾る時は別のバイクになってたりして(^^;

通販サイトで調べたところ、
ホンダNSR500ファクトリーカラー
があった。

1986年のマシンということで、良いんじゃなかろうか。

で、ここまでは良いんですけど・・
肝心の人形にデカールが一切ついていない(^^;
昔の製品にはついていたようなのだが、リニューアルされた製品には一切デカールがついていない・・

やっぱ、それじゃぁ締りが無いでしょうに・・

だって、メットもウェアも黒一色で塗って原付バイクと並べたらどう見てもレーシングライダーじゃなくて・・
バイクで逃走するコンビニ強盗やひったくりにしか見えないジャン!

別売のデカールもなさそう。
バイク本体のデカールから流用できるものがあればいいけど。

それともやっぱ、フッと頭に浮かんだイメージ通り、原付バイクと並べてコンビニ強盗仕様にするべか?