USB充電コード

ラズベリーパイ3 と7インチLCDタッチスクリーン

ラズベリーパイ3と7インチLCDタッチスクリーン。
Raspberry Pi 本体とディスプレーをジャンパーケーブルを使って電源を共有し、1つの電源アダプタでまかなうことができる。

ただし、ラズベリーパイ3になって電源容量は2.5Aが推奨されており、ディスプレーには「Raspberry Pi3 は電源要求がシビアなため、ディスプレーとの 電源共有はお勧めしません。 動作不良の原因となります。」との注意が。
 
 
あまりバリバリ使ってはいなかったのだが、最近KODIで動画やMP3の再生を試していたところ画面の右上あたりに雷というか稲妻というか時々現れている。
電源の容量不足のようだ。
 
稲妻マークはOSがJESSIEになってからで、その前のバージョンでは四角いカラーグラデーションだったようだ。
 
 
電源の容量が不足するとラズベリーパイは「ひとまずは自動的にCPUの速度を落としてでも頑張るぞ~」ってなるみたいだが、さらに足りなくなると落ちるでしょうなぁ。
 
 
まぁ、解決策はLCDタッチスクリーンの注意書きにあるように本体とディスプレーの電源を分けるべきなんでしょう。
しかし、現状では動画再生時に時々稲妻がでる程度でまだ余裕がありそう・・
酷使するのも気が引けるが・・・
 
 
使っている電源アダプターは2.5A。
アダプター、USBケーブルともにラズベリーパイの正規代理店から購入したものである。
 
 
ちょこっと「ここ」で調べると、USBの規格での給電能力は
USB2.0 –> 500mA
USB3.0 –> 900mA
USB3.1 –> 1000mA
となっている模様。
 
ウ~ム・・
ただし、USB Power Delivery 1.0は最大で20V5Aというのもあるみたい。
 
つまり、ラズベリーパイの電源に使用するならUSBn.n対応というケーブルではダメ。
家に転がってるハードディスクなどにくっついていたものは流用しないほうがいいみたい。
 
最近スマホなどの急速充電対応とうたわれてるケーブルがUSB Power Deliveryというもんじゃろか?
USB充電コード

で、買ってみた。
急速充電2.4A対応のケーブル。

ただし、これはケーブル内の電源線は配線されているが、信号線がないタイプ。
つまり、電源には使えてもUSB機器をつなぐことはできない。

USB充電コード

上が正規代理店から購入したケーブル。
結構太い。
下が今回買ったケーブル。
 
太さだけを見ると上の方が2.4A対応のように見えるが。

 
これを使ってしばらく様子を見ていたが、稲妻マークがでることはなかった。
 
メデタシ、メデタシ・・・
 
ウン!?待てよ。
正規代理店から2.5Aのアダプタとケーブルのセットを買ったから安心と思っていたが、それに対応していないケーブルがついてきていたってことじゃないのか!?
 
なんてこった・・パンナコッタ・・