Nゲージレイアウト用制御盤 (その3) PWMコントローラのパネル

Nゲージレイアウト用制御盤にPWMのコントローラの操作スイッチの残りの部分を取り付けた。

Nゲージ コントローラのパネルベースは2mm厚のアクリル板。
手持ちのアクリル板はすべて透明。アクリル板に塗装したときの塗膜の強度がわからないので、裏から塗装しておいた。

 

コントローラのポジションを表示する7セグメントのLEDはアクリル板に開けた穴の部分に取り付けるが、この隙間が目立たないようにプラ板でカバーを作った。

 

このカバーは、「コントローラは3つですよ。スイッチ類すべてが1つのコントローラ用ではないですよ・・」と、アピールするように3つに分けておいた。

Nゲージ コントローラのパネル
このパネルにはコントローラのポジションを切り替えるロータリースイッチのつまみ、その表示用7セグメントLED、進行方向を切り替えるスイッチを配置。

 

その他のスイッチ類は前回取り付け済で、このパネルの下側に配置される。

 

進行方向を切り替えるスイッチはもっとカッコいいのにしたかったけど、手元に2回路が切り替えられるスイッチがなかったのでひとまずはスタンダードなトグルスイッチで。

Nゲージ コントローラのパネル裏側。
配線はこれから。

 

このパネル部は2mm厚のアクリル板で、長さは300mmちょっと。
この長さがあると押さえるとしなってしまう。
押しボタンスイッチは取り付ける予定はないが、念のため真鍮のアングルでしならないように補強しておいた。
こうして、どんどん重くなっていく・・

Nゲージ用制御盤の天板
Nゲージレイアウト用制御盤に取り付け。

 

これでやっとPWMコントローラの基板を作成して取り付けることが可能な状態になった・・が、
制御盤の天板は平らな面にしてポイントを切り替えるスイッチ類を配置する予定だったが、傾斜したパネルにしてみようと改修。

 

3mm厚のアクリル版にプラ版を貼って、線路の配置を描いた上でポイントのスイッチを配置することにした。

ここで、問題が。
まだ、これから作るレイアウトの線路配置どころか、大きさ自体も決めていない。これではポイントのスイッチパネルが作れない・・