取り外し

2004年1月18日

キャブ取り外し インシュレータバンド、コネクティングバンドを緩め、エアクリーナーボックスを後方にずらす。
エアクリーナーボックスは、右側へはオイルタンクが干渉するので左側へ引き抜く。

カタナと違ってクリアランスはあったため、比較的容易に引き抜くことが出来た。

インシュレータは結構硬化し始めているようで、キャブ本体を外すのに苦戦した。
ただ、ひび割れはまだ発生していないのでもう少し使うことにしようと思うが、パーツだけは購入しておくことにした。

取り外したキャブ タンクとキャブがなくなった状態。
さて、この状態はいつまで続くかは、いつものとおり不明。
キャブ取り外し 取り外したキャブ。
フロートチャンバーを外してみると...ジェット類はピカピカ光って新品状態、チャンバーにも堆積物はなく綺麗である。
フロートはプラ製のものがついていた。納車時にオーバーホールしてあったようだ。

じゃあ4番キャブがオーバフローした原因はと見ると、フロートが左右「へ」の字に曲がっていた。
油面が狂っていたのに加え、この曲がりのため燃料コックが完全に閉まらずガソリンが滴下し続けオーバーフローした..ことにしておこう。

外周りは手の届く範囲は綺麗な方だと思うが、やはり2番、3番キャブの本体下部(フロートチャンバーの上あたり)は汚れが目立つ。
さて、これからどうしよう。