C56形機関車

1935年(昭和10年)から1939年(昭和14年)にかけて160両が製造された。
短距離線区向けのタンク式のC12をやや長距離の線区向けとしてテンダー式に設計し直したのがC56で、部品も共通設計のものがあり、その姿はよく似ている。
また、後退運転時の視界を確保するため、テンダー後方を大きく欠き取っているスタイルが特徴でもある。

高原地帯を走るその姿は小馬を連想させ、「高原のポニー」の愛称がある。

  • 軸配置
    1C  (モーガル)
  • 動輪直径
    1,400mm

 

静態保存機関車

Googleマップで場所を見る
機関車 所在地 備考
C56 31 東京都千代田区九段北3-1-1‎ 靖国神社 遊就館  
C56 91 鹿児島県西之表市   1995年解体
C56 92 鹿児島県出水市 肥薩おれんじ鉄道出水駅西口  
C56 94 長野県大町市 西公園  
C56 96 長野県南佐久郡南牧村野辺山79-1 歴史民俗資料館  
C56 98 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町 トロッコ嵯峨駅 他にD51 51、C58 48
C56 99 鹿児島県霧島市霧島田口東多羅 霧島高原ユースホステル跡  
C56 101 長野県佐久市大字中込 成知公園(旧中込学校隣接)  
C56 106 広島県府中市 国府児童公園  
C56 108 島根県雲南市 木次体育館?  
C56 110 埼玉県草加市氷川町 氷川中公園(氷川第1児童遊園)  
C56 111 兵庫県宝塚市雲雀丘4丁目2-1 雲雀丘学園小学校  
C56 123 石川県七尾市 希望の丘公園 1997年解体
C56 124 長野県安曇野市明科中川手 明科公民館  
C56 126 山梨県北杜市小淵沢町7741 小淵沢小学校  
C56 129 長野県飯山市南町 鉄砲町児童公園  
C56 131 島根県松江市学園南 松江市北公園  
C56 135 兵庫県加東市下滝野1275-8 県立播磨中央公園  
C56 139 神奈川県横浜市(非公開)    
C56 144 長野県小諸市丁311 懐古園  
C56 149 山梨県北杜市高根町清里 清里駅前  
C56 150 長野県北安曇郡白馬村倉下 倉下スポーツレジャーランド?

オートキャンプ場
 
C56 159 石川県志雄町 志雄町公民館前子供の広場 1995年解体
C56 160 京都府京都市下京区観喜寺町 梅小路蒸気機関車館  
情報が古くなっている場合があります。
実際に確認していないものも多々ありますのでGoogleマップの位置はずれているかも。

Googleマップ上でC56形機関車が静態保存されている場所をマーキングしてみました。
選択ボックスを変更すると、機関車別に静態保存機関車がある公園のマーカに切り替えることができます。

地図が読み込めませんでした。

C56形機関車 (C56 110)

 

シリンダカバーは錆びて穴が開き始めているが、全体的には見ればきれいな部類に入ると思う。

 

C56110機関車案内板

案内板を要約すると・・

C56形蒸気機関車は昭和10年2月にその第1号機が誕生。今までに165両製造され、そのうち90両がタイ、ビルマにおくられ今でも12両がタイの泰緬鉄道で活躍しています。
C56の最初の配置は日高本線、小海線、七尾線などあり、ついで木次線、越後線、山野線などに配置されました。
現在(昭和47年末)18両が全国に配置されています。

ここに配置されているC56形110は昭和12年9月に三菱造船で製造され、同11月に島根県米子鉄道管理局に配置されました。12月に木次機関区に配置され、山陰本線、木次線で旅客貨物用として昭和44年4月まで活躍しました。
そのご浜田機関区に配属され、山陰本線、三江北線で貨物入替用として活躍していましたが、昭和47年12月に廃車となりました。

走行キロ 17308889km (地球45周)

 

埼玉県草加市氷川町 氷川中公園(氷川第1児童遊園)
(撮影 2007年)